化粧水も年齢によって合う商品は違いますので、50代など年齢肌に向けた商品を選んでおく…

50代の女性のガイド

美しい若々しい肌を保つにはスキンケア化粧品は欠かすことができません。

特にスキンケアでは肌の保湿は重視されますが、水分をしっかりと与えるのには化粧水はとても役立つ存在です。

とはいえ、水分を与えただけではすぐに肌は乾燥してしまいますので、化粧水を使ったあとは油分で蓋をして潤いを閉じ込めるケアも必要です。


クリームではべたつきが気になるという人もありますが、そんな場合はよりライトな使用感である乳液を活用すると良いでしょう。

肌を潤すことはもちろん、軽いメイクの際はクレンジング剤としても使える便利なアイテムです。

化粧水は大半が水分で作られていますが、乳液は水分に加え油分も含まれています。

また、油分で肌を保護することはバリア機能に欠かすことができなセラミドの働きを助けるのにも役立ちます。


そして、スキンケア化粧品は実に多くの商品がありますが、どれを選んでも同じ効果が得られるというわけではありません。

肌質や年齢、肌の悩みは人それぞれ違いがありますので年齢に応じたものを選んでいきましょう。

50代はまだまだ若い年齢ですが、肌の老化は確実に進んでいる年代とも言えます。

それゆえ、今後年齢を重ねても若さ、美しさを維持していくためには50代のお手入れはとても重要となります。


特に気になるのは肌の乾燥です。

この年代になると水分の保持能力も落ち、皮脂の分泌も減っていきますのでしっかりと保湿を行い肌の潤いを保っていきましょう。

化粧水はさっぱりタイプを好む人も多いですが、乾燥を防ぐためにはより保湿効果に優れたタイプを選ぶことがおすすめです。

化粧水も年齢によって合う商品は違いますので、50代など年齢肌に向けた商品を選んでおくことがおすすめです。

そして高級なものを選ぶと勿体ないという気持ちで使う量が少なくなってしまう人もありますが、それではせっかくの良い効果を十分に発揮させることはできません。

肌を潤すためにも惜しみなくたっぷりとつけることが大事です。

化粧水で水分を与えたあとはその蒸発を防ぐために、油分を与えておきます。

乾燥が気になる人はクリームも良いですが、より軽い使い心地が好きな人は乳液を選ぶと良いでしょう。


化粧水と乳液は別のメーカーやシリーズのものを選ぶという方法もありますが、ラインで使うとより高い美容効果が期待できますし、相性も良いものとなっています。

通販などでは少量のお試しセットが用意されていることも多いので、初めての化粧品の場合はまずは少量で試してみることもおすすめです。

このページの先頭へ