化粧水を選ぶ際には、自分の肌質や悩みに合った商品を選ぶように心掛けることが大切…

50代の女性のガイド

ドラッグストアで化粧水を購入するという方は、年齢問わず大勢いらっしゃいます。

ドラッグストアには、10代からでも購入しやすいプチプライスの商品から、少しお値段が張る高級感のある商品まで数多くのスキンケア商品があり、誰でも気軽に立ち寄れるメリットがあります。

沢山並んでいる商品の中から一つの化粧水を選ぶのはとても悩んでしまいますよね。

化粧水を選ぶ際には、自分の肌質や悩みに合った商品を選ぶように心掛けることが大切です。


肌質は、敏感肌・乾燥肌・普通肌・脂性肌の4つに大きく分けられ、特に敏感肌や乾燥肌の方は使用する化粧水の成分によって刺激を感じたり、肌トラブルを引き起こしてしまうケースもある為、スキンケア商品を選ぶ際には刺激の少ない商品や保湿性の高い商品を選ぶようにしましょう。


次に50代の方に多い悩みとして、ほうれい線や目尻のシワ・シミ・たるみ・くすみ等があります。

これらの悩みを改善・予防する為には、エイジング効果が期待できる化粧水を選ぶようにしましょう。

ほうれい線や目尻のシワには肌にハリを与えてくれてしっかりと保湿してくれるタイプがおススメです。

一般的に、シワは肌表面の乾燥が主な原因の為、シワの予防には保湿が大切となります。


シミやくすみには美白効果が期待できるものを選びましょう。

しかし、美白効果のある商品の注意点として人によっては刺激を感じる場合もある為、敏感肌や乾燥肌の方は使用前にパッチテストを行うことが大切です。


たるみには、リフトアップ効果のある商品を選びましょう。

又、化粧水の後にしっかりと乳液やクリーム等で肌にフタをし、滑りの良い状態でリフトアップマッサージを行います。

滑りの良い状態で行わないと、シミやくすみの他に乾燥などの肌トラブルにも繋がるので注意しましょう。


リフトアップマッサージは、優しい力で行うようにし、日々継続することが大切です。

40代~50代の方で、ファンデーションをつけて時間がたつとシワが目立ってしまうという方も多くいらっしゃいます。

このような方は、メイク前の保湿が不十分の可能性があり、肌が乾燥してしまうことによって、シワにファンデーションが溜まり目立ってしまいます。

その為、朝の保湿には保湿効果の高い化粧水を選ぶようにしましょう。


ドラッグストアには、50代向けに作られたスキンケア商品も販売されています。

これらは、50代の悩みに寄り添った成分が配合されているので、これらの商品を選んでみるのも良いかもしれません。

このページの先頭へ