化粧水を変える場合には、肌のターンオーバーサイクルが起こる数日間程度使用して判断…

50代の女性のガイド

50代を過ぎてから肌のたるみに悩むようになった女性は少なくありません。

40代まではエイジングケア用の化粧品を使って肌のハリを保つことができた方でも、50代を過ぎるとケアしなければならないポイントが増えてきます。


50代を過ぎるとほとんどの方が更年期を迎え、ホルモンバランスが大きく変化します。

女性ホルモン(エストロゲン)は抗酸化作用があるので、肌を若々しく保つ働きをしています。

更年期を過ぎてエストロゲンの分泌量が急激に減少することで、酸化による肌の老化やたるみが起こるようになります。

ホルモンバランスが崩れて肌が老化すると、それまで使用していた化粧品が肌に合わなくなることがあります。

化粧品が肌に合わないと感じた場合には、刺激の少ないエイジング対策の化粧品に変えるようにしましょう。


50代を過ぎると肌細胞の代謝(ターンオーバー)が乱れることでバリア効果が低くなり、乾燥して肌が荒れやすくなるという問題が出てきます。

乾燥による肌荒れを防ぐために、50代を過ぎたら乾燥を防ぐための保湿成分が含まれた化粧水を選ぶようにしましょう。

セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲンなどは高い保湿効果があるので、肌荒れ対策にはこれらの成分が含まれた化粧水を選ぶことができます。

脂性肌の方であればサラサラ系の化粧水の方が合っているように思えるかもしれませんが、脂分と水分は別物です。

皮脂が多くても水分が不足すると肌荒れや肌のたるみの原因になってしまうので、脂性肌の方でもしっかりと乾燥対策をすることが大切です。

50代を過ぎたら肌の水分を保つことに加えて、ハリを維持するためのコラーゲンをサポートすることも大切です。

コラーゲンをサポートする効果が高い成分は、ビタミンC誘導体です。

肌のたるみ対策用に、ビタミンC誘導体が含まれる化粧水を選ぶと良いでしょう。


化粧水は、肌のタイプによって合わない場合があります。

化粧水が肌に合っているかどうかは、肌細胞が入れ替わってみなければわかりません。

化粧水を変える場合には、肌のターンオーバーサイクルが起こる数日間程度使用して判断をするようにしましょう。

化粧水が肌に合っていないと、使用した際に肌が痒くなったりチクチク感じることがあります。

化粧水を変える場合にはとりあえず1週間~10日分の無料サンプルやトライアルキットを入手して、実際に使用してみた上で購入するかどうかを判断するようにしましょう。

このページの先頭へ