ほうれい線ができる原因、その予防の対策や改善の方法についてのべてみます!

対策によって予防や消すこともできる!

ほうれい線の女性

ほうれい線は年齢を重ねると出来ると肌のたるみからほうれい線が出来てしまいますが、年齢だけではなく乾燥や紫外線からもほうれい線に繋がってしまうのです。

筋肉を使わなくなってくると、筋肉が衰えて来てほうれい線になってしまうのです。

最近話題の美魔女たちは、ほうれい線対策やシミ、シワ対策がキッチリ出来ているの

で、年齢よりも若く見えキレイな肌を持続出来ているのです。


間違ってはいけないのが若くても笑いジワからほうれい線が出て来てしまう人もいると言う事です。

ほうれい線は、対策によって予防も出来き、薄くする事や消すことも出来ます。


ほうれい線対策は、秋~春にかけても紫外線が強いので1年中UVケアをする事やコラーゲン効果や保湿効果のある化粧品を使う事、ほうれい線の原因である肌のたるみ解消やたるみにくい肌を作る事などがありますが、効果が見えて来たからと言ってすぐ止めてしまっては意味がないので、効果が見えたら、キレイを持続する事が大切です。

プチ整形でも、今は年齢を重ねている人が多く利用していますが、メスを使わないヒアルロン注射が気軽に出来るので、ヒアルロン注射を打とうと思っても、デメリットもあるので注意が必要です。

ほうれい線には簡単に出来るエクササイズ

年齢が若くても、ほうれい線が気になるも言う人は多いと思います。

私も良く笑っているので(笑いジワとも言われます)、ほうれい線は昔から悩んでいました。

化粧をしていても夕方には、ほうれい線の跡がクッキリ残ってしまっていました。

しかし、ほうれい線にはエクササイズがある事を知り実践してみました。


ほうれい線対策はベロ回しエクササイズがおすすめです。

口を閉じた状態で、歯を少し開けベロを歯と唇の間に丸めて一周させるように運動します。

これを左右に20回ずつを1セットとして、1日に3セット行うと効果があります。(個人差があります)

私の場合は4~5日でほうれい線の跡が良くなりました。

この体操は普段使わない顔の筋肉を、動かすことで口の周りが引き締まりほうれい線に効果があるのです。

これは年齢には関係ないので、気軽にテレビを見ながらでも良いですし、家族や恋人に見られたくないのであれば、お風呂などでも出来る場所を特定しないで出来るエクササイズなのです。


またベロ回しエクササイズは、ゆがみの予防や二重あごにも効果があり、人によっては血行が良くなりシミが消えたという人もいるようです。

嘘だと思った人は1度ベロ回しエクササイズを実践してみてはいかがでしょうか?

ほうれい線は予防が大切

ほうれい線ケアの案内嬢2

ほうれい線は出来てしまうと顔が老けて見えやすくなってしまいます。

ある程度年齢に沿って進んでいく分には仕方ないですし、それも年齢を重ねた魅力に見えていくこともあります。

しかし、やはり若々しく見せたいときにはできるだけ作りたくないものです。

しっかり入ってしまったほうれい線はきれいに消えるという事は難しいものですから、出来る前に予防していくという事と、出来始めたらケアをしてそれ以上進ませないようにするということが肝心となってきます。

軽いうちであれば目立たなくすることも出来るでしょう。


予防していくためには、まず原因を知っておかなくてはなりません。

そうしないと対策をとることが出来ないからです。

まず大きな原因として挙げられるのが、肌の水分量の低下です。

若いときは十分潤っていた肌も、年齢を重ねるにしたがって乾燥してしまいがちになります。

乾燥すると様々な肌トラブルに繋がり、肌の状態が悪くなるうえ、しわができやすくなってしまうのです。

そのため、ほうれい線もできやすくなってしまいます。

肌の乾燥を防いでいくということはスキンケアの基本ではありますが、特に法令線を作らないという点でもこれまで以上に重点的に行っていくことが必要になるでしょう。


それ以外の原因としては、紫外線によるダメージというものもあります。

私たちは暮らしの中で日差しを浴びてしまう事も多いものです。

また、日差しが出ていなくても紫外線が降り注いでいることもあります。

そういった時に特に対策をとらないでいると、肌がダメージを受けてしまうのです。

そこからほうれい線が出来るという事につながってしまうことがあります。

紫外線を受けないように、また受けてしまった後にどういったケアをするかという事は若々しい肌を保つために重要なことと言えるのです。


また、ほうれい線は顔の筋肉の使い方などによって発生することがあります。

特定の動きを良くするという場合、その部分と動かない部分とのずれが生じ、そこにしわが出来てしまうことがあるのです。

口の周りは特定の動きを良くするところですから、はっきりとした線が出やすくなります。

若くてもほうれい線が目立つという場合にはこうした原因であることも多いです。


こうした原因によってほうれい線が出来ているという事を確認したうえで、それに対してどういった方法が取れるのかという事を考えて、日常の中で実践していきましょう。

日常で取り入れやすい対策とは

ほうれい線ケアの案内嬢3

ほうれい線の大きな原因として挙げられる肌の水分量の変化という事からまずは対策をとっていきましょう。

これまでのケアで乾燥を感じているようであれば、現在の自分の肌の状態にはあっていないのかもしれません。

年齢を重ねるに従って肌の保水力なども変わっていきますので、それに合わせた化粧品選びをすることが求められていくことになります。

年齢肌用の化粧品を使うなどすると、保湿力の高いアイテムが多いので、乾燥を防ぎやすくなることがあります。

選ぶ際にはこうした点を考えて選んでいきましょう。

また、肌に付けるときにもしっかり浸透させるようにすることや、十分な量を使うようにすることなど、しっかり水分を肌に与えられるようにしておきましょう。

忙しい方はオールインワンタイプのものを使うと手軽で素早く保湿ケアが出来ます。


そのうえで紫外線対策もきちんと行っていきましょう。

うっかり日焼けをしてしまうと、そこから肌荒れなどを起こし、しわが出来てしまうことがあります。

それがほうれい線につながることもあるのです。

外出時はきちんと紫外線対策をしていきましょう。

日焼け止めを使う方法もありますし、メイクをするときに紫外線カット効果のあるアイテムを取り入れるという事も出来ます。

また、帽子や日傘などを使い、日差しを遮ることも必要です。

場合によっては曇りの時や、自宅にいるときも紫外線を受けてしまうことがあります。

そういった時のために、弱めの日焼け止めなどを利用していくとよいでしょう。

強い効果がある物はそれだけ肌に負担をかけやすくなるので、負担が少ないものを使っていくようにするとよいです。

紫外線によるダメージを受けてしまったら、保湿ケアをいつもよりしっかりして行く必要があるのです。

ダメージにより乾燥が進みやすくなっているのでほうれい線もできやすくなります。


ほうれい線を作りにくくするためにはエクササイズも有効です。

口を閉じて、歯と唇の間を動かすように舌を回していきます。

普段伸ばさないところが伸びていくので、ほうれい線のくぼみも目立ちにくくなっていくでしょう。

鏡の前で思い切り笑顔や怒り顔など表情を作ってみることも良いでしょう。

普段使わない部分を使って顔を動かすことになりますから、ほうれい線が目立ちにくくなっていくはずです。

このように日常の中で取り入れることが出来る対策というものは沢山あります。

ぜひ毎日取り組んで、ほうれい線が目立たなくなるようにしていきましょう。

このページの先頭へ