ポイントは、お肌のハリに効果的な成分、保湿力の高い成分が配合されているものを選ぶ!

継続しやすい価格のものを選ぶことも大切

ほうれい線の女性

ほうれい線やたるみといったお肌のトラブルは、老け顔を作る大きな原因とも言える要素となっています。

そこで、是非とも、普段から正しいスキンケアに心がけるようにしたいものです。


まず、ほうれい線やたるみに効果を発揮する化粧品を選ぶためには、ほうれい線やたるみができる真の原因を突き止めることから手掛けることが必要でしょう。

その主な原因には、お肌の弾力を保つ成分でもあるコラーゲンなどの減少や老化といったものがあります。

また、お肌の乾燥によってハリが失われること、さらには、紫外線や間違ったスキンケアによるダメージなどが挙げられています。


そこで、ほうれい線やたるみを改善するためには、エクササイズなどを行なって表情筋をしっかり鍛えると同時に、適切な化粧品を使って正しいスキンケアを行なうことがどうしても必要です。


では、ほうれい線やたるみに効果を発揮する化粧品をどのようにして選ぶことができるのでしょうか。

まず一つ目のポイントは、お肌のハリに効果的な成分が配合されているものを選ぶということです。

一般に、お肌のハリに効く成分としては、コラーゲンやビタミンC誘導体、プラセンタやレチノールといった成分があります。

これらの成分には、ハリを保つ成分が生成されるよう促したり、お肌のターンオーバーを整えることによってツヤやハリを高める働きがあることで知られています。

それで、是非ともこれらの成分が豊富に配合されている化粧品を選ぶようにしましょう。


もう一つのポイントは、保湿力の高い成分が配合されているものを選ぶということです。

ほうれい線やたるみの大敵は乾燥とも言われています。

大切なお肌が乾燥すると、ターンオーバーは乱れ、ツヤもハリも失われてしまいます。

それで、乾燥を防ぎ、十分な保湿ケアを行なうためには、ヒアルロン酸やセラミドが豊富に含まれている化粧品がよいでしょう。


ほうれい線やたるみの改善に効果的な化粧品を選ぶ上で重要なもう一つのポイントは、継続しやすい価格のものを選ぶということでしょう。

エイジングケアにとって重要な要素とは、続けることです。どんなに効果の高い化粧品を使ったとしても、その場限りで、継続しないなら本当の意味でも効果は望めないでしょう。

それで、前述のような配合成分に注意すると同時に、無理なく継続できる価格のものを選ぶようにするなら、ほうれい線やたるみが改善されていくのを実感できるようになることでしょう。

まずはお肌のベースを整えるべくコラーゲン生成に注目

ほうれい線ケアの案内嬢2

年齢を重ねていくと、体だけではなくお肌にも様々なエイジングサインが出て、いつまでも綺麗でいたいと思う女性を悩ませます。

シワ、シミ、毛穴の開きやたるみ、そしてほうれい線や透明感を失ったくすみ肌などがあります。


これらのエイジングサインの根底には、乾燥肌が進行していることが想定されます。

あらゆる肌のトラブルは乾燥が引き起こすといっても過言ではありませんし、特に30代後半からはお肌の細胞同士をつないでいるコラーゲンの生成量が激減することも影響します。


コラーゲンというと、鶏の手羽先や鮭、すっぽんなどを思い浮かべる方も多いでしょう。

しかしこれらの食べ物を食べたからといって、お肌にコラーゲンが通じるわけではなく、途中で分解されてしまいますので実は意味ないです。


化粧水や美容液で補うということは意味がありますが、まずキメがあれたコラーゲン不足の肌にこう言った有効成分の美容液や化粧水を使おうとしても、うまく浸透してくれません。

そこでまず考えなければならないのは、保水力を高めるべくコラーゲン生成を促すことです。


加齢とともにコラーゲン生成量は減少しますが、それを促す事が出来る成文があります。

それがトレチノインといって、美容皮膚科などで処方してもらえる意外とこの世界ではメジャーな薬です。

化粧品に配合されているものもありますが、市販されているものは濃度も低いですし、そこまで高い効果は期待できないかもしれません。


個人輸入などで簡単に取り寄せることもできますが、使うのが初めてで不安な方は美容皮膚科で簡単に処方してもらえます。

これを使うことでお肌の内側からコラーゲンの生成を促進する事が出来るので、根本的なところで保湿力を高める事が出来ます。


美容皮膚科や美容外科では、フラッシュやレーザーといった方法でコラーゲン生成を促すこともできますので、お財布とちょっとした痛みなら大丈夫という方は受けてみるのも良いかもしれません。

然し保険が適用されませんし、持続力も半永久的というわけではありませんので、普段のスキンケアを充実させる方が良いという方もいるでしょう。


もっと手軽にということであれば、低分子化されたコラーゲンサプリメントやドリンクを使えば、簡単にコストもあまりかけずに内側からのアプローチが可能です。

インナーコスメといわれるドリンクやサプリメントは効果も高いですし、ほうれい線予防にもおすすめです。

保湿とターンオーバーでほうれい線を予防

ほうれい線ケアの案内嬢3

年齢を重ねていくと、体だけではなくお肌にも様々なエイジングサインが出て、いつまでも綺麗でいたいと思う女性を悩ませます。

シワ、シミ、毛穴の開きやたるみ、そしてほうれい線や透明感を失ったくすみ肌などがあります。


これらのエイジングサインの根底には、乾燥肌が進行していることが想定されます。

あらゆる肌のトラブルは乾燥が引き起こすといっても過言ではありませんし、特に30代後半からはお肌の細胞同士をつないでいるコラーゲンの生成量が激減することも影響します。


コラーゲンというと、鶏の手羽先や鮭、すっぽんなどを思い浮かべる方も多いでしょう。

しかしこれらの食べ物を食べたからといって、お肌にコラーゲンが通じるわけではなく、途中で分解されてしまいますので実は意味ないです。


化粧水や美容液で補うということは意味がありますが、まずキメがあれたコラーゲン不足の肌にこう言った有効成分の美容液や化粧水を使おうとしても、うまく浸透してくれません。

そこでまず考えなければならないのは、保水力を高めるべくコラーゲン生成を促すことです。


加齢とともにコラーゲン生成量は減少しますが、それを促す事が出来る成文があります。

それがトレチノインといって、美容皮膚科などで処方してもらえる意外とこの世界ではメジャーな薬です。

化粧品に配合されているものもありますが、市販されているものは濃度も低いですし、そこまで高い効果は期待できないかもしれません。


個人輸入などで簡単に取り寄せることもできますが、使うのが初めてで不安な方は美容皮膚科で簡単に処方してもらえます。

これを使うことでお肌の内側からコラーゲンの生成を促進する事が出来るので、根本的なところで保湿力を高める事が出来ます。


美容皮膚科や美容外科では、フラッシュやレーザーといった方法でコラーゲン生成を促すこともできますので、お財布とちょっとした痛みなら大丈夫という方は受けてみるのも良いかもしれません。

然し保険が適用されませんし、持続力も半永久的というわけではありませんので、普段のスキンケアを充実させる方が良いという方もいるでしょう。


もっと手軽にということであれば、低分子化されたコラーゲンサプリメントやドリンクを使えば、簡単にコストもあまりかけずに内側からのアプローチが可能です。

インナーコスメといわれるドリンクやサプリメントは効果も高いですし、ほうれい線予防にもおすすめです。

たるみやほうれい線は、単なる乾燥だけではなくコラーゲン生成量の減少や筋力低下にも関係しています。

お肌のベースを整えて保水力をアップさせたら、保湿力のある有効成分の配合された化粧品を選んでいきます。


代表的な有効成分には、コラーゲンやヒアルロン酸やセラミド、そして今話題のプラセンタもその一つとして挙げられます。

肌細胞をつないでいるコラーゲン、そして深い部分まで浸透して潤いを満たすヒアルロン酸、表皮に近い部分のセラミドですが、どれも保湿成分ですので化粧品を選ぶときにチェックしてみてください。


含有されている成分によって、化粧品を使った時の効果も変わってきますし、求める効果や今の肌の状態に合わせて選んでいくことがポイントです。

肌の細胞を新しく生まれ変わらせて元気にするには、ターンオーバーという肌サイクルが正常に行われていることも重要です。


こちらも加齢とともにどんどんそのタイミングがずれてきますし、20代の時には25~6日の周期だったのに、50代ぐらいになりますと2倍近くの期間をかけて生まれ変わるという周期の遅れが感じられるようになるでしょう。


このターンオーバーが正常に行われていないというのは、古い角質がたまってしまったり、メラニン色素といってシミの原因となるものが蓄積されて濃くなることを意味します。

当然シミとなってお肌に現れたり、角質がたまることでお肌はくすんだりかたくなったりして化粧水も浸透しづらく乾燥からたるみに影響することも想定されます。


ですからアンチエイジングを意識したケアをするときには、ターンオーバーについても考えていくことが必要です。

ビタミンCやプラセンタはその効果がありますし、もっと強力に行いたいということでしたらトレチノインで強制的にターンオーバーを起こすという方法も挙げられます。


トレチノインに関しては医師から処方してもらうことになりますし、ドラッグストアでも売られていません。

個人輸入ですと手に入れることもできますので、自己責任でということにはなりますが取り寄せてみるのも良いでしょう。


トレチノインはターンオーバーだけではなく、コラーゲン生成を促進する効果もありますのでダブルの効果が期待できます。

そこに加えて通常のスキンケアで使う化粧品に、保湿成分が入ったものを選ぶことでたるみやほうれい線にも効果的にアプローチする事が可能です。


スキンケアで選ぶ化粧品次第で、数年後数十年後の肌にも違いが出てくるでしょう。

このページの先頭へ