ほうれい線に良い化粧品とは、どんなものでしょうか?…実際に効果があり、実感できる化粧品とは…?

ほうれい線の解消と化粧品について考えてみました。

ほうれい線の女性

いわゆる「老け顔」の最大の要因として知られる「ほうれい線」。

生まれつきだから…もう手遅れだし…と諦めていませんか?

一般的には解消が難しいとされているほうれい線ですが、化粧品を正しく活用することで改善は可能です。

■ほうれい線はなぜできる?まずは原因をチェック!

ほうれい線ができてしまう主な要因は3つ。

肌の弾力低下、頬の筋肉の衰え、肌のたるみ…個人差はありますが、以上3つの影響が複合的に重なり、加齢と共に目立ってくるようですね。

肌のトラブルについては、「乾燥」が最大の原因。

したがって、保湿をこまめに行なうことで予防・改善が期待できます。

その他、紫外線によるダメージの蓄積もリスクを高めます。

外出時には季節を問わず、UVカット化商品の使用を心がけましょう。

筋肉の衰えに関しては、頬のエクササイズがおすすめ。

毎日5分間で構いません。習慣として取り入れてみてください。

例えば、「舌回しエクササイズ」、「マッサージ」などよく知られていますね。

■しわの解消が期待できる化粧品とは…

基本的に、ほうれい線ができるメカニズムは「しわ」と共通します。

したがって、しわを重点的にケアする化粧品であれば、ほうれい線の改善・予防には一定の効果が見込めます。

最近ではほうれい線に特化したクリーム、オールインワンゲル、スキンケアセットなど市販されていますから、まずは試してみると良いでしょう。

ネット上に様々な口コミ情報が存在します。

利用者のレビュー(評価)、体験談など広く情報収集し、効果の期待できそうな商品を選んでくださいね。

■正しい化粧品の選び方…

化粧品(スキンケアアイテム)を選ぶ際、まずチェックしていただきたいのがあなたの「肌質」。乾燥肌なのか、脂性なのか、混合肌なのか…肌質によって用いるべき化粧品は異なります。

つまり、ほうれい線を含めて肌トラブルの「原因」を特定することで、より効果的なケアが可能になるわけですね。

オールインワンタイプなら大丈夫…と考えがちですが、肌の状態によってこまめに化粧品を使い分けることで、さらに入念なケアが実現します。

ほうれい線は肌トラブルの中でも特に頑固な、解消が難しい「しわ」です。

改善。解消のためにはケアを「継続」することが大切。

どんなに優秀な化粧品も、「3日坊主」では十分な効果を発揮しません。

まずは「続ける」ことを意識して、1ヶ月間がんばってみてくださいね。

何となく薄くなってきたかも…そう感じたら、老け顔解消まであと一歩です!

しわ・たるみ対策に特化したものを

ほうれい線ケアの案内嬢2

しわ・たるみの両方をカバーできる化粧品は、ほうれい線対策にも適しています。

特にほうれい線はたるみが重症化すると発生する性質がありますので、ここをいかに抑えていくかがポイントになります。

化粧水や美容液は保湿をするために最適ですが、年齢を重ねた肌は水分を保持するのが苦手になるのです。

そのため乳液やクリームの重要性が高くなり、油分で水分を閉じ込めることが求められます。

スキンケアに王道パターンは存在せず、これは肌質や生活習慣が違うためです。

また年齢も大きく関わってきますから、今の肌質に合ったものを使用する必要があります。


自分の肌質を聞かれて即座に答えられる人は意外と少ないです。

普通肌だと認識していても、実際は乾燥肌や混合肌というケースは多々あります。

ほうれい線対策にマッチした化粧品を見つけるためには、自身の肌状態を把握することが先決です。

化粧品売り場やエステサロンなどで肌チェックをしてもらえば、最適な商品が見えてくるでしょう。

購入してから肌に合わないことに気づいたけど、捨てるのはもったいないから使い続けたら肌が荒れたという話はよくあります。

肌に合わなければ使用を中止する必要があるので、化粧品選びをする前に肌状態を把握する必要があるのです。


価格帯は超高額だからよいとは言い切れませんが、よいものを選ぶとなれば相応の価格帯になるでしょう。

安価で高品質ならば言うことなしですが、現実的にはありえないと考えてください。

高級成分を配合すれば値段が高くなるのは当たり前であり、低価格を設定することはできないからです。

一般的に値段の高いものほど浸透性が優れていますので、乾燥が気になる人におすすめします。

乾燥している肌は紫外線からの耐性が低下していますので、より多くのダメージを受けてしまいます。


優れた保湿力のある化粧品は、弾力性や張りの保持に役立つでしょう。

乾燥を予防するためには、うるおいの補給と維持が欠かせません。

長時間うるおいを維持できるものは優れているので、自分の肌で確かめてみてください。

相性を正確に調べるためには、実際に使用してみるしかありません。

張り対策のできるものはほうれい線対策にも適しており、深くなった線を細くできます。

ほうれい線対策で重要なのは、線が見えたときから本格ケアを始めることです。

線が本格的に太くなってしまうと、元に戻すのが難しくなるためです。

よく観察してみると20代くらいからほうれい線に気づく人が少なくありません。

失敗しないほうれい線対策とは

ほうれい線ケアの案内嬢3

化粧品は年代別にさまざまな商品が販売されています。

何を選択すればよいのか迷ったときは、自分より上の年齢層を対象にしたタイプをおすすめします。

例えばミドル層よりシニア層向けのほうが、より高い老化防止・アンチエイジング機能を持っているのです。

価格は相応に高くなりますが、浸透力や保水力が非常に優れています。

例えば40代の人ならば50代向けの商品を使用しておけば、大きな外れはないと考えてください。

逆に20代や30代向けの商品を使用してしまうと、保湿不足に悩まされる可能性があります。


当然ながら豪華な成分を配合するほど価格は高くなります。

若いころは肌がまだ元気な状態ですから、それほど高級素材は必要ありません。

一方で年齢を重ねるにつれて、従来のタイプでは十分なスキンケアができなくなります。

今までの化粧品が合わなくなった場合は、乾燥や保湿不足などを考えましょう。

それに伴って肌が敏感になってしまい、肌質をボロボロにしてしまうケースがあります。

ほうれい線を予防するには肌を常に元気にしておくこと、皮脂量を適度に整えることが大切になります。


皮脂があまりに減りすぎた状態は、急激に肌を乾燥させるので注意しましょう。

乾燥した状態は肌のバリア機能を衰えさせるので、ほうれい線が若い年齢から目立つようになります。

乾燥肌を放置しておくとほうれい線につながると認識し、保湿は徹底して行ってください。

弾力性に富んだ肌は非常に強く、少々のダメージには負けません。

紫外線に対して肌が敏感に反応するようになったら、敏感肌に変化してきています。

敏感肌になると炎症や赤みを招くことが知られていますが、ほうれい線の原因にもなるので注意してください。


敏感肌の人は敏感肌に特化した化粧品を使用するのがおすすめです。

添加物をなるべく配合していないタイプを選んでおけば、肌に過剰な刺激を与えなくて済みます。

肌が受けた刺激は将来的にほうれい線に進行するケースが多いため、なるべく刺激から遠ざかる生活を送ること、受けた刺激は速やかに解消することが重要です。

ほうれい線対策の化粧品を使用するなら、その機能を最大限に生かしたいです。

ターンオーバーが乱れていると肌の新陳代謝に影響しますので、夜ふかしはしないように注意してください。

寝不足になるとターンオーバーに狂いが生じてしまい、肌本来の新陳代謝やバリア機能などに影響してくるからです。

このページの先頭へ