過剰なダイエットは、ほうれい線を深めるリスクがある!

コラーゲンやビタミンCをしっかりと補給し、表情筋の活力の回復を狙う…

ほうれい線の女性

ダイエットの計画を立てている時、不安になることの一つが、過剰な減量が成功した代わりに、全身の皮膚が弛んでしまって無様な姿になってしまうのではないか、という点ですね。

これがまだお腹の肉とかならば、服で隠すことは可能ですが、顔の場合はシワが増えたり、ほうれい線が深くなったりしたら、せっかく痩せることに成功してもかなりのショックです。

特にほうれい線の場合は、顔にできるため、隠すことが不可能なので、かなり悩ましいことになってしまいます。


では、実際に過激なダイエットの影響でほうれい線が深くなってしまうことはあるのでしょうか?

答えをいうと、全くないと言い切ることはできません。

ダイエットのやり方によっては法令線が深くなってしまう可能性もあります。

そこで、ダイエットによってほうれい線が深くなってしまう原因と対策を説明していきます。


まず第一に、長い間の肥満体質で伸びきった皮膚は、急激なダイエットで皮下脂肪が減少しても、これに合わせて皮膚も急激に縮んでいく、というわけではないので、どうしてもたるみが出てしまいます。

時間が経つにつれてたるみは減少していきますが、これも個人差があって、なかなかたるみが解消しない人も中にはいます。

また、過剰なダイエットは、皮膚のたるみ以外にも肝臓に悪影響を与えたり、体に良くない作用がいろいろあるので、ダイエットは時間をかけてじっくりやることが一番無難なやり方でしょう。


次に、急激なダイエットをしている場合、栄養が極端に不足している可能性も高くなります。

その場合、筋肉よく動かすような成分も欠乏しているリスクがあります。

ほうれい線の原因となる肌のたるみは表情筋の活力が低下することによって起こるので、栄養不足によって表情筋の力が落ちて肌のハリが低下し、頬の肉がたるんで、ほうれい線を深める原因の一つとなる可能性があります。

対策としては、肉や野菜などをしっかり食べて、肌に良い効果をもたらすとされるコラーゲンやビタミンCをしっかりと補給し、表情筋の活力の回復を狙いましょう。

もし、ほうれい線が深くなってしまった場合は、表情筋を鍛える顔の体操を毎日することによって、表情筋の力を強くして顔のたるみを抑制することも可能です。

これらの理由から、短期間で極端な体重減を狙う過剰なダイエットは、ほうれい線を深めるリスクがあるので、なるべく避けて穏やかなダイエットを心がけるようにしましょう。

短期ダイエットによるほうれい線への影響とは

ほうれい線ケアの案内嬢2

短期間での減量の場合は身体をいじめ抜くこともときに必要ですが、ダイエットの場合は減量とは意味が異なっています。

健康や美容のために痩せることを差しており、減量は単に体重を落とすだけで健康・美容目的という観点はありません。

美容施設のエステサロンでダイエットコースを用意している理由は、痩せることが美容につながると考えているためです。

つまり本来は適度にダイエットすれば肌が健康になり、正常肌に導くことができますが、過度なダイエットの場合はまったくの逆効果になるので注意してください。

ほうれい線を深くしてしまうリスクがありますから、少しずつ身体に負担をかけずに落としていく必要があります。


確かに痩せることは健康と美容においてよい影響がありますが、急激に痩せてしまうと身体から栄養を奪うことになりかねません。

ダイエットのためにはカロリーを制限するはずですが、そのためには食事量を減らす必要性が出てくるので、必然的にビタミンやミネラルなども欠乏しやすくなります。

ビタミンが不足すれば肌の抗酸化力が低下しますので、乾燥を招いたりほうれい線を発生させたりします。

また適正体重を大きく下回る体重まで落としてしまうと、スタミナ不足になる可能性大です。


さらに痩せることで筋肉まで落としてしまうと、今度は基礎代謝が低下してきます。

肌のターンオーバーが崩れてくるわけですから、よい肌を作れるはずがありません。

加齢に伴って代謝が低下するのは当たり前のことですが、何も対策もしないと一気に老け込んでしまいます。

ほうれい線を作らないためには常に代謝を活性化させることが大事で、そのためには筋肉が必須になります。

過度なダイエットはタンパク質の不足を招いて、筋肉不足に陥るリスクを高めるのです。

短期間で一気に痩せるよりも、長期間をかけて徐々に落としていったほうが肌のためによいのは間違いありません。


時間をかけて痩せていけばリバウンドを回避できる魅力もあります。

正しいダイエットは脂肪だけを落として筋肉を維持することですが、短期ダイエットだと脂肪と筋肉を問わずに減らすため、痩せると同時に基礎代謝を低下させてしまうのです。

それゆえ以前よりも太りやすい体質になって、食事制限を中止すると一気に太ることになります。

ダイエットとリバウンドを何度も繰り返している状態は、肌のためによくないのは間違いありません。

元気で美しい肌を持続させるためにも、ダイエットは一度で成功させましょう。

カロリーを減らすのがダイエットではない

ほうれい線ケアの案内嬢3

多くの人はダイエットと聞けば食事制限をイメージし、それに運動を適度に組み入れるという方法が王道と考えている人が多いです。

食事制限が痩せるうえでの要になるのは確かですが、食事制限とカロリー制限は意味が違ってきます。

カロリーさえ減らせば健康になれると考えている人は多いですが、大切なのは三大栄養素のバランスになります。

例えば脂肪が不足している人は脂肪を制限する必要はありませんし、一方で摂りすぎている人は制限が求められるのです。

摂取量が適正値の栄養は現状維持させ、過剰摂取している栄養だけをカットしていく必要があります。


乾燥肌はほうれい線の原因となりますので、ダイエットで無理に脂肪を制限すると肌乾燥に影響してきます。

皮脂の減量が不足するわけですから、インナードライも招いてしまうでしょう。

インナードライの場合は肌表面がテカっていることが多いので、肌深部の乾燥にはなかなか気づけません。

それにより肌乾燥を自覚するのが難しく、ほうれい線の発生に影響してくるのです。

肌は内側から産生される性質がありますので、肌表面より内部の状態のほうが重要です。


ほうれい線対策のためにダイエットをするなら、毎日の肌状態のチェックを行ってください。

肌が悪い方向に変化している場合は、間違ったダイエットを実践している可能性が高いです。

本当に健康的な方法で痩せているのであれば、同時に肌質もよくなるはずです。

肌を元気にするためには健康を第一に考えたダイエットを実践する必要があります。

ひと月で10kgの減量といった過激な方法がありますが、これでは身体に負担をかけすぎてしまいます。

負担を受けるということは同時にストレスも感じてしまうので、自律神経が乱れて心身のバランスが崩れたり、新陳代謝に影響したりしてきます。


過度のストレスを感じるダイエットは間違っており、そもそも継続性に乏しいので目標達成が困難になるでしょう。

リバウンドのリスクも非常に高くなりますので、ストレスを感じない方法を長期継続する必要があるわけです。

身体に負担やストレスをかけない方法で健康的にダイエットをしていけば、肌代謝が活発になってほうれい線のリスクを軽減できます。

ほうれい線は40代から目立ち始める人が多いので、できれば30代までに適正体重まで落としていくのが好ましいです。

もちろん40代以上の人も痩せるメリットは十分にありますので、ほうれい線を今以上に濃くしないためにも健康的にダイエットをしましょう。

このページの先頭へ