ほうれい線というのは「シワ」ではなく「頬がたるみ支えきれなくなったことによって現れた溝」

ハリに効果的な成分配合のものを選ぶ

ほうれい線ケアの案内嬢

1. ほうれい線をなくすには?

基本的に、どうしてほうれい線はできてしまうと思いますか?

ほうれい線化粧品

ほうれい線というのは「シワ」というわけではなく、実のところ「頬がたるみ支えきれなくなったことによって現れた溝」だということです。

これらのほうれい線が発生する原因として、次にあげるようなものが想定されます。

ほうれい線のメインの原因
・肌の弾力性をキープする成分の老齢化・減少
・加齢に起因する表情筋の減退
・カサつきが原因となって素肌の弾力性が消失する
・紫外線やNG肌のケアに起因する肌トラブル

こういったものが積み一緒に起こると、20代・30代でもほうれい線ができてしまうのですよね。そういうわけで、

高保湿でハリを与える化粧品
表情筋を鍛えるエクササイズ
お肌によい食べ物
などで適正なお手入れを行い、ほうれい線をキッチリと改善に導きたいものです!

ほうれい線を効率良くなくすお手入れのしかたを考える

ここでそのあとは、ほうれい線に効く化粧品の選定方法を見ていこうと思います。

2. ほうれい線に効く化粧品の選び方

ほうれい線を改善するために適切な化粧品選びのポイントは、

ほうれい線に効く化粧品の選定方法
① ハリに効果的な成分配合のものを選ぶ
② 高保湿なものを選ぶ
③ 続けられる価格のものを選ぶ

では、これらのキーポイントにつきましておのおのご案内します。

①ハリに効果的な成分配合のものを選ぶ
ほうれい線化粧品
ほうれい線の改善には、肌の中のハリ成分を増やすことが大切。

そういうわけでさしあたって、以下のイチオシ成分が含まれている化粧品を選んでほしいです。

◆肌のハリに効果的な成分例
ビタミンC誘導体
ハリ、美白、引き締めに効果あり。

成分表示例
レチノール ハリ、美白、コラーゲン生成促進に効果あり。
コラーゲン
ハリ、保湿、小じわサポートに効果あり。
プラセンタエキス ハリ、保湿、美白、ターンオーバー促進に効果あり

こういった美容成分においては、

肌ハリ成分の形成促進

新陳代謝をスムーズにする

といった、お肌のプリプリ感をフォローしてくれる効き目が。内側よりふんわりフォローしてほうれい線をお手入れしてくれますよ。

すぐにでも弾力感を手にしたい人は…

上記の成分で弾力性を産みだすにはちょっと時間を要するでしょう。「今すぐにでもなんとかしたい」といった人にとっては、即座にハリを持たせる以下の成分もおすすめ。
・カラスムギ穀粒エキス
・キサンタンガムクロスポリマー

②高保湿なタイプをチョイスする

ほうれい線化粧品

ほうれい線ゾーンの天敵は「乾燥」です。そういうわけで高保湿な成分と見なされる、
セラミド
ヒアルロン酸
アミノ酸
スクワラン

というものを包含している化粧品がもってこいですよ。

さらに皮膚の乾燥は、小じわ・シミ・たるみというふうなエイジングシグナルの劣悪化をすすめます。きちんと保湿のお手入れしてモイスチャー肌を保持し続けたいところです。

③継続できる値段のタイプを選択する

ほうれい線化粧品

エイジングお手伝いに肝心なのは「持続すること」です。

ひとつの例として惜しまず一度だけ高価な化粧品を買い求めて使うよりは、使用し続けられる値段の化粧品を継続して使用するほうが成果は見込めます。

さらにいずれの化粧品も、

効能効果が体験できるバロメーターは1~2ヵ月のため、これらの期間継続できるか?を参考にして値段・感触ーなど検証してみてくださいね。

◆ほうれい線化粧品選定のキーポイント3つ

ほうれい線の化粧品選びのポイント
①肌のハリに効果的な成分を含んでいるか
②保湿ケアもできるかどうか
③継続的に使い続けられそうか

ハリ成分+保湿成分+価格を調べて、ほうれい線に効く化粧品を選ぶと良いでしょう

化粧品の選び方で大切なのは2ヶ月は使用すること

ほうれい線ケアの案内嬢2

たるみが進行してくると、ほうれい線が発生してくるのです。

たるんだ部位とそうでない部位の境にしわが発生し、加齢に伴って次第に深く長くなっていきます。

ほうれい線の改善,化粧品選びのコツは、シニア層以上が使用しているものを選ぶことです。

シニア層はヤング層と比較して肌の保水力が大きく低下しています。

乾燥肌やインナードライが気になる人も増えてきますので、高級美肌成分に加えて保湿力に富んだものを選択する必要があります。

気になる商品があれば2ヶ月ほど使用してみるのが好ましく、これはほうれい線が目立ってくる年齢になると、ターンオーバーのサイクルも遅くなってくるためです。

20代のころは1ヶ月使用すれば実感できることが多いですが、50代以降になると2ヶ月は使用したいところでしょう。


ほうれい線は他の肌トラブルよりも改善に時間がかかりますので、じっくり使用してみる選び方が必要です。

肌質とは体質の一部ですから、短期間で急に変えることはできません。

時間をかけて少しずつ変えていくものですから、劇的な実感は期待しないようにします。

ただ肌との相性に関しては、概ね1~2回も使用すれば大体わかります。

高級化粧品だから相性がよいとは限らず、合わないものはヒリヒリや炎症を招いたりするのです。

合わない化粧品は肌質を根本から変えてしまい、普通肌の状態から敏感肌に変わってしまった人は少なくありません。

高級だから大丈夫という考えは通用しませんので、時間をかけて変化を確かめていく必要があります。

2ヶ月使用して肌がよい方向に変化した場合は、そのまま使い続けましょう。


シニア層向けのスキンケア用品はほうれい線の改善,化粧品が中心ですから、何を選んでも大きな失敗はないはずです。

40代が20代向けの化粧品を使用するのはおすすめできませんが、60代向けの化粧品を使用するのは問題ありません。

高年齢の人と対象にしたものほど、内容成分が充実しています。

つまりミドル層のときからシニア層向けの対策をしておけば、スキンケアは完璧と言えるでしょう。

ほうれい線の改善,化粧品はたるみ・しわなどにも作用するので、肌のトータルケアができます。

肌トラブル全般は概ね乾燥と紫外線が原因で発生しますので、これらのケアを徹底してください。

難しく考えすぎる必要はなく、十分にうるおいを与えられるケアを選べば間違いないです。

いかに肌を保水してその状態を維持できるかを重視しましょう。

ほうれい線対策は改善,化粧品と洗顔料選びが要に

ほうれい線ケアの案内嬢3

年齢を重ねるほど肌は正直になりますので、改善,化粧品の触感にはこだわりましょう。

使用感のよさを重視する人は多いですが、最も大切なのは弾力性のある肌になるかどうかです。

弾力性が失われてくると急激に老化が始まりますので、まだ若いからと安心はできません。

老化が早く始まる人の特徴を見ると、今までに照射を受けた紫外線量が多いのです。

紫外線のダメージは肌に蓄積する性質がありますので、照射を受けてからケアをするよりも、照射を避けるほうが何倍も大切です。


ほうれい線の改善,化粧品の使用により、柔らかい肌質に変えることができます。

肌が全体的に硬いと感じられるようになったら、エイジングサインに注意してください。

エイジングサインの中でもほうれい線は若い年代で発生しますので、ここから対策をしていく必要があります。

ゴルゴラインやマリオネットラインなどが発生してくると、さらに老け顔になってしまいます。

これらはたるみにより発生するサインですから、たるみが発生する前からたるみ対策をしておくのが好ましいです。

スキンケアに早すぎることはなく、早ければ早いほど効果が高くなります。


ほうれい線の改善,化粧品の選び方では、口コミを参考にしてみるのもおすすめです。

同年代の人が使用してどのように実感しているのか、どの程度の期間使用すれば実感できるのか、などを確認してください。

ランキングサイトの人気商品、高リピート商品なども外れが少ないです。

大勢が使用している化粧品ほど万人向けであり、さまざまな肌質に対応するように作られています。

敏感肌や乾燥肌をターゲットにしたものは、保湿力が高いので本格ケアができます。

ほうれい線対策はたるみ対策と考えておけば、ケアの方向性が見えてくるでしょう。


化粧品の効果を最大限に引き出すためには洗顔が要になってきます。

毛穴の汚れをしっかりと落とすこと、肌に刺激を与えない洗顔料を選ぶことが重要です。

強力な洗浄力を持った洗顔料は優れていると考える人が多いですが、洗浄力と刺激性は比例することが多いです。

洗顔後に肌がヒリヒリするものは、肌の炎症を招いてしまう可能性があるので注意してください。

以前より肌が赤くなったと感じるようなら、肌質が悪くなっていると考えられます。

炎症を放置しておくと重症化しますし、ニキビや吹き出物などのリスクも高くなるのです。

ほうれい線の改善,化粧品選びと同様に、洗顔料の選び方にもこだわりましょう。

このページの先頭へ