ほうれい線を薄くするには弾力を保つためにコラーゲンの成分入りの化粧水でケア!

エクササイズで鍛えて筋肉をつけることが必要!

ほうれい線ケアの案内嬢

年をとると肌には加齢の影響で、ほうれい線ができるようになります。

60代になると肌が全体的に乾いてしまうので、頬にできた線がより深くなってしまいます。

しわは外見年齢を老けて見せてしまいますので、アンチエイジングを少しでもしたいのなら基礎化粧品とエクササイズでケアすることがおすすめです。


60代になってしわが特にひどくなってしまうのには、女性ホルモンの分泌が衰えてしまうことが関係しています。

女性ホルモンには肌に弾力を出すコラーゲンの生成を促進する働きがあるのですが、高齢になってしまうと女性ホルモンの量が減ってしまうのでコラーゲンの数も少なくなってしまうのです。

そのため60代に入ると肌の衰えが目立つようになり、深いほうれい線が刻まれてしまうようになります。

ホルモンだけでなく体の筋肉の量も減ってしまうので、下へと皮膚が垂れてゆきます。

ほうれい線を薄くするには弾力を保つためにコラーゲンの成分入りの化粧水でケアし、エクササイズで鍛えて筋肉をつけることが必要となります。


ほうれい線が60代になるとできやすくなるのは、肌の弾力を保つコラーゲンが少なくなってしまうからです。

足りないコラーゲンを配合した化粧水を日常で使うことにより、充分にコラーゲンを補うことできしわを薄くすることができます。

コラーゲンは肌に水分を与える保湿機能の働きがあり、肌に水分がないと保護膜の働きも悪くなるので紫外線の刺激を受けやすくなります。

コラーゲン入りの化粧水を洗顔後に欠かさずつけるようにして、しっかりと乾燥を防ぐようにしましょう。

化粧水を肌につける時は手のひらで温めておくと、肌の奥深くまで浸透させることができます。


衰えてしまった顔の筋肉は、舌を回すエクササイズをすることで鍛えられます。

口を開けないように注意しながら、下で歯茎をマッサージするようにゆっくり一周させます。

舌回しエクササイズは、右回りで10回ずつ、左回りで10回ずつとなります。

舌を回すことは口回りの筋肉を上手に動かすことができるので、ほうれい線の対策にはよく効きます。

このエクササイズの良い所は、ほうれい線対策になるだけでなく美肌効果と虫歯予防もできる点です。

舌を動かすとリンパが刺激され、唾液の分泌量も増えます。

肌はリンパの流れが悪いと状態が悪くなるので、刺激され流れが改善されることにより肌がキレイになります。

唾液は歯についた菌を落とす働きがあるので、唾液が増えることで虫歯になりにくくなります。

たるみ防止がほうれい線対策の要です

ほうれい線ケアの案内嬢2

60代になるとほうれい線がくっきり目立ってくるのが普通ですが、これはある程度は仕方ありません。

重要なのは症状の進行を抑えて、いかに見た目年齢を若く保つかです。

ひとつ言えることは毛穴にたるみが発生してくると、ほうれい線のリスクが高くなることです。

毛穴が開いている状態は汚れを溜め込んでポツポツの原因になりますが、こうした状態は肌自体が弱ってきています。

正しい洗顔やスキンケアを行っていないと、肌はより早く老けることになります。

ほうれい線は20代のころからうっすらと存在し、30~40代くらいにかけて目立ってくるのです。

60代になればさらに目立ちますが、だからといって何の対策もしないともっと深くなります。


おすすめの対策は筋肉を強化し、たるみを防止することです。

フェイスマッサージをして筋肉が減退しないようにケアしてください。

顔の筋肉はよく動かす部位もあれば、ほとんど動かさない部位もあるでしょう。

こうした動かし方の差が肌トラブルに影響してきますので、まんべんなく刺激を与えるためにマッサージをするのです。

そうすれば普段あまり動かさない部位にも刺激を与えることができます。


ほうれい線という言葉を見るとしわの一種だと思うかもしれませんが、実際はたるみのひとつだと考えてください。

たるみが目立ってくると線も気になるようになるので、早めに対処する必要があります。

以前より肌が垂れてきたと感じるようになった時点でケアを始めてください。

綺麗な毛穴を維持することは、将来のたるみを防ぐために役立ちます。

20代からのケアの仕方が将来の見た目年齢を決めるのは間違いありません。

あるとき急に老け顔になることはなく、老化は少しずつ進行しているのです。

スキンケアは老化が気になり始めてから本格的に行うものだと考える人が多いですが、もともとは老化防止やアンチエイジングの意味合いが強いです。


メイクがうまくのらないようになったら、たるみが進行しているかもしれません。

若い肌ほどメイクがしっかりとのりますので、自分のイメージどおりの顔に近づけることができます。

一方で年齢を重ねるとメイクが決まりにくく、必然的に厚塗りになってしまうケースが多いです。

毛穴が目立つようになってきた、メイクが決まらなくなった、などと実感している人はほうれい線対策を徹底してください。

若々しい肌を維持することが、60代になっても美肌を維持する秘訣です。

全身のメンテナンスが老化防止になる

ほうれい線ケアの案内嬢3

人間の身体は一箇所だけが老けることはありえません。

ほうれい線が目立つようになってきた60代の人は、身体全体が同じように老化していると考えてください。

若々しい肌を手に入れるためには、全身を健康に導いていく必要があります。

全身が不健康なのに肌状態は最高という状況にはなりません。

60代がほうれい線対策をするうえで意識したいのは、身体をなまらせないことです。

無理をしない程度でよいので運動をし、身体を動かすようにしてください。

ジョギングが厳しいという人なら、簡単なウォーキングでよいので行いましょう。


最近はインターネットでトレーニングマシンを購入できることもあり、自宅にトレッドミルなどを導入する人が増えてきました。

安価なものだと5万円未満からありますので、運動不足を解消するために最適です。

運動をすることは自律神経を調整し、ストレス耐性を高めてくれます。

ストレスを溜め込まない体質を手に入れるためにも、適度な運動を日課にしてください。

運動すれば筋肉が元気になりますので、たるみを予防できるのです。

たるみの進行さえ最小限に抑えれば、ほうれい線も目立たなくなるでしょう。


ほうれい線を作らないためには、筋肉のコリを予防することも重要です。

例えば頭痛や肩こりなどが発生している状態は、血液の循環が悪化していると考えられます。

血液がスムーズに循環しなくなると、老廃物が身体に留まったままになります。

新陳代謝に問題が発生してきますので、ほうれい線ができやすくなるのです。

代謝を活発にするためには、首のこりや腰痛なども解消していきましょう。

身体に痛みやコリがある状態は、スキンケアのためにもよくありません。

正しいスキンケアを実施するためには、全身のメンテナンスから始める必要があるのです。


60代になると骨格の歪みが気になり始める人が多いでしょう。

背骨が曲がってきたり、骨盤がズレてきたりする人は少なくありません。

軽度の歪みだと気づきにくいですが、姿勢が悪くなっていると感じたら歪んでいると考えてください。

こうした状態を放置しておくのは、肌のためによくないです。

スキンケアで最もやってはいけないことは、年齢のせいにしてしまうことです。

年が年だからもう遅いと考えてしまうと、ますます老け込んでしまうでしょう。

老化を最小限に抑えるためにも、まだ若いと思い込むことが大切です。

そして常に周囲から見られることを意識し、美意識を高めていきましょう。

このページの先頭へ