「できる前に予防する」という意識を持ち、日頃からケア!

まずは保湿やUVケアなど、基本的な予防策から…

ほうれい線ケアの案内嬢

一度できてしまうと、なかなか改善・解消が難しいといわれる「ほうれい線」。

私は大丈夫…と安心している方、勝負は20代のうちからスタートしています。

「できる前に予防する」という意識を持ち、日頃からケアに努めましょう。

毎日の積み重ねが5年後、10年後に、あなたのかけがえのない財産=「若々しい肌」を実現します。

■意外に忘れがちな紫外線対策(UVケア)

お肌の「ハリ」を支えているのは「コラーゲン」と「エラスチン」という物質。

いずれも紫外線によって傷つきやすいことが知られています。

したがって、紫外線対策(UVケア)を正しく行なうことで「たるみ」を予防することが重要。

一般に「日焼け止め」と呼ばれるUVケア化粧品を活用しましょう。

注意が必要なのは、夏場だけ、外出時だけ使用すればOK…という「誤った常識」。

実は、冬場の紫外線は夏と同等かそれ以上。

室内にも放射されるため、1年を通じてケアを行うことが欠かせません。

ケアのコツは、大量の化粧品を一度に使用するのではなく、こまめに塗りなおすこと。

薄くても良いので、1日に3度くらい、時間をおいて丁寧に塗ってください。

■血行不良も大敵!乱れた生活習慣、「冷え」にも注意

肌の「たるみ」は血行不良によって引き起こされるケースが少なくありません。

女性は「冷え性」にお悩みの方も多く、その症状によって誘発される様々な肌トラブルに注意が必要。

ほうれい線もその一つです。

特に更年期以降は、ホルモンバランスの変化から冷え性が悪化する危険性が高く、予防・改善に配慮しなくてはなりません。

冷えの改善に運動習慣、定期的なエクササイズが効果的。

軽い運動でOKなので、ウォーキング、室内で可能なストレッチなど、習慣として取り入れてみましょう。

そしてもちろん、睡眠時間の確保、栄養バランスに対する心がけも必要不可欠。

いずれも不足すると血行悪化のリスクを高めます。


以上の点を踏まえればお分かりのように、ほうれい線を予防するためには毎日のケア、努力の積み重ねが欠かせません。

まずはできることから、続けられそうなケアから始めてみてください。

いきなり全てのアプローチを実践すると、取り組みが負担になり、結局は続かないケースが多いようです。

できることから、コツコツと。

まずは保湿やUVケアなど、基本的な予防策からで全然OK。

1ヶ月もすれば、今までとの「違い」を実感できるはず。

無理をせず、気軽に始めてみてくださいね。

紫外線ケアは1年中行うこと!

ほうれい線ケアの案内嬢2

ほうれい線というのは、一度できてしまうと改善や解消が難しいものの1つです。

そして注意が必要になるのが、若いころからの積み重ねが将来を大きく左右する可能性があるという点です。

20代の頃からしっかりとほうれい線の予防を行っていくことで、将来のたるみを防ぎ若々しい肌を保っていくことにもつながります。


実際にほうれい線から肌を守っていくために大切なのが、肌のハリを支えていくコラーゲンとエラスチンという物質です。

実はコラーゲンとエラスチンは、紫外線によって傷つきやすいという特徴があげられます。

そのため紫外線ケアをしっかりと行っていくことで、たるみを予防することが可能です。


紫外線ケアの代表としてあげられるのが、日焼け止めを使うという方法です。

実際に日焼け止めを使用するとき、夏場や外出時だけ使えばOKだと思っている方も多くいます。

しかし冬場も、夏と同じように肌は紫外線のダメージを受けています。

室内にも放射されているので、外出しないときのケアも必要です。

紫外線ケアは1年を通して行っていって、肌の老化を防げるようにしましょう。


また日焼け止めを使うときには、こまめに塗りなおすというのもポイントの1つです。

朝に多めに塗っておけば、1日中持つので問題ないと思っている方もいます。

しかし多めに塗ると肌への刺激が強いだけではなく、汗などで夜までに落ちてしまう可能性もあります。

1度に大量に塗るよりも、薄くても問題ないのでこまめに1日3回くらい時間を置いて塗りなおしていくことも大切です。


紫外線ケアといっても、日焼け止め以外にもさまざまな選択肢があげられます。

例えば外出時には、日傘や帽子などをアイテムを使っていくのも1つの手です。

ほうれい線だけではなく、紫外線のダメージはシミなどにも影響するものです。

きれいで若々しい肌を守るために、しっかりとケアを行っていくことが大切です。


もしも紫外線を多く浴びて日焼けしてしまったときは、アフターケアを忘れないようにしましょう。

日焼けをした後は、しっかりと冷やしてケアをするというのもポイントの1つです。

冷やしてケアを行っていくことで、肌へのダメージを最小限に抑えていくことにもつながります。

また日焼けをした肌というのは、水分が失われて乾燥している状況でもあります。

熱を持っている状態から落ち着いたら、化粧水などを使って肌に潤いを与えることもアフターケアのポイントです。

ほうれい線を防ぐために血行を改善しよう!

ほうれい線ケアの案内嬢3

女性の方の中には、冷え性で悩んでいるという方も多くいるかもしれません。

実は冷え性の症状によって、さまざまな肌トラブルが誘発される可能性もあります。

ほうれい線やたるみも、冷え性の症状によって誘発される可能性がある肌トラブルの1つです。

特に更年期以降の女性は、ホルモンバランスが変化することで冷え性が悪化することがあります。

たるみなどの症状が悪化しないように、冷え性の予防や改善が行えるようにしましょう。


ここでポイントになるのが、冷え性を予防もしくは改善していくためにはどのようなポイントがあげられるのかという点です。

そのための方法の1つに、日常生活の中に運動習慣を取り入れるというものがあげられます。

運動習慣といっても、激しいものではなく軽く体を動かすだけでも状況を改善できます。


実際に運動を取り入れるときには、ウォーキングや室内でできるストレッチなど自分に合ったものを選びましょう。

大切なのは、日常生活の中に習慣として取り入れていくというものです。

ライフスタイルの違いなどによって、取り入れやすい運動には違いがあります。

テレビを見ながらできるスクワットや寝る前の柔軟など、自分が続けやすいものを選択するようにしましょう。

習慣を続けていくことで、少しずつ冷え性を改善していくことにもつながります。


そして冷え性改善のためには、睡眠時間の確保もポイントの1つです。

十分な睡眠時間が確保できていないと、血流が悪くなる原因になります。

また睡眠時間の不足は、肌荒れにもつながる要素なので美肌のためにはしっかりと眠ることが大切です。

なかなか寝付けないという方は、寝る前にスマートフォンなどを使わないようにするのも1つの手です。

よく眠れない場合には、使っている寝具を見直してみましょう。


さらにほうれい線を防ぐためには、栄養バランスに対する心がけも欠かせません。

肌に必要な栄養素が不足していたら、肌トラブルにつながりやすい環境を作ってしまいます。

自分の食事で不足している栄養素をチェックして、意識的に摂取するようにしましょう。

摂取するのが難しい栄養素があるならば、サプリメントなどを利用して補うようにするのも1つの手です。


美肌のための血行改善に大切なポイントには、さまざまな点があげられます。

人によってライフスタイルは異なるので、最初からすべての要素を変えていくのは大変なことです。

そのため自分ができる範囲から改善していくようにしましょう。



このページの先頭へ