老化現象…体のあらゆる機能は、加齢と共に少しずつ衰えてくる!

肌の潤い、バリア機能が低下、紫外線によるダメージ…などの老化現象でほうれい線ができる!

ほうれい線ケアの案内嬢

人の体のあらゆる機能は、加齢と共に少しずつ衰えていきます。

その結果として引き起こされるのが老化現象です。

これは勿論、肌にも該当することです。

そうして引き起こされる肌トラブルは様々な種類が挙げられますが、ほうれ線もそのひとつに該当します。


では、ひとつずつほうれ線の発生につながる老化現象を見ていきます。

まずは肌の潤いを生み出す機能の低下、また与えられた潤いを保持する機能の低下です。

こうなると、肌は著しく乾燥しやすくなります。

乾燥した肌はバリア機能が低下して、しわが発生しやすくなってしまいます。

そうして発生した小さなしわがいくつも重なり、連なっていくとそれはほうれ線のように見えてしまうようになります。


それからもうひとつは、肌の筋力の低下です。

そこに加え、肌の弾力を構成している成分の減少や破壊も原因としては挙げられます。

体の筋力同様、肌の筋力も老化現象の一環として徐々に衰えていきます。

また肌の弾力成分、コラーゲンやエラスチンが作られる機能も、やはり老化現象で低下していきます。


更にここには、それまで浴びてきた紫外線によるダメージも関係しています。

紫外線の内A波は、波長が長いので肌の奥深くにまで到達していきます。

エネルギーはそれほど強くないので、そのダメージがすぐに出てくることはありません。

ですが浴びたA波は、じわじわと時間をかけてコラーゲンやエラスチンを破壊していきます。


肌の筋力低下、そして肌弾力の破壊が重なると発生する老化現象が肌のたるみです。

たるんだ肌の重みに、それ以外の肌が耐え切れなくなると、その重みによってしわが発生してしまい、それがほうれ線となります。

このような老化現象は、一度、発生してしまうと改善するのが難しいです。

これはほうれ線に対しても同じことですから、まずはできるだけそのダメージを小さくするように心がけること、そしてできるだけほうれ線を発生させないことが必要です。


まず乾燥です。

これは、日々のスキンケアで保湿を丁寧に行うことが効果的です。

特に冬場など乾燥する季節は、保湿機能が多く含まれているスキンケア製品に切り替えることも必要です。


次に肌のたるみ防ぐ対策です。

肌の筋力を鍛えるためには、口をすぼめて口内で舌を回すなどのエクササイズを行うのが効果的です。

笑う際にも口角を上げ、頬ごと持ち上げるような笑い方を意識すると良いです。

そして肌弾力成分を守るためには、年間を通して日焼け止めを使用して、紫外線ダメージをためないことが重要です。

コラーゲンやエラスチンをサプリメントなどで摂取すると共に、コラーゲンの生成に働きかけ、紫外線ダメージの緩和にも効果が期待できるビタミンC誘導体が含まれたスキンケア製品を使うのも効果的です。

年齢サインが生じるのは老化現象が原因です

ほうれい線ケアの案内嬢2

すべての肌トラブルは老化現象によって発生率が高くなります。

ニキビや吹き出物は若くても発生しますが、加齢によってバリア機能が低下している状態でも発生します。

特にほうれ線は老化現象の影響が大きく、若いころの保水力を維持できないのが大きな原因です。

ほうれ線はしわの一種だと認識されていますが、実際はたるみの症状のひとつです。

たるみを防止することがほうれ線対策にもなりますので、早めに対策をして防止してください。


ほうれ線は40代から増えてくる印象があるかもしれませんが、実際は若いころから発生しています。

ただ線が薄いので目立たず、ないものだと思い込んでいるのです。

これが年齢を重ねるとともに深くなっていき、しっかりと目立つようになってきます。

肌の曲がり角は20代の半ばくらいから始まっており、このタイミングから老化現象が顕著に発生してきます。

ニキビやしわなどは実感しやすい症状ですが、ほうれ線もうっすらと発生していることが多いので注意してください。

たるみが発生する前触れとして毛穴のトラブルがありますので、毛穴が開いて見えるようになってきた人は速やかに毛穴ケアを実践しましょう。


人は自分の肌を若いと思い込んでしまう性質があります。

周りからは45歳くらいに見られているのに、自分では30代後半くらいだと思っていたりします。

肌サインに関しても自分ではあまり気づいていなくても、家族から見れば老けたと考えているかもしれません。

自分の肌状態を客観的に判断するためには、家族や友達に聞いてみるのも手でしょう。

もしくはエステサロンの肌診断を受けて、肌年齢を調べてもらうのもいいです。

老化サインにいち早く気づくことができれば、その分だけ早く対策ができます。

老化現象を遅らせるためには、いつ気づくかが大きなポイントです。


皮下脂肪が増えすぎることもほうれ線の原因になりますので、増やさない対策が重要になります。

顔痩せマッサージをすれば脂肪の付着を抑えられますから、化粧水や美容液を使用するときに行ってみてください。

マッサージをすれば筋力を強化できますので、衰えてきた表情筋を元気にすることができます。

あまり笑わない人は表情筋が衰えてしわが増えると言われていますが、逆に笑いすぎる人もしわが増えてしまうのです。

こうした日常習慣におけるちょっとした癖が年齢サインになります。

マッサージは筋肉のバランスを整えるためにも役立つのです。

健康な肌になることが老化現象を抑えるコツです

ほうれい線ケアの案内嬢3

肌が健康な状態ですとコラーゲンやヒアルロン酸の生成がスムーズになり、健康な真皮を維持できるでしょう。

真皮のキメが細かいほど美肌を形成できますので、皮下脂肪を過剰に増やさない対策が必要になります。

適度な脂肪は肌を衝撃から守るために作用しますが、過剰に蓄積してしまうと真皮のバランスを崩すことがあります。


身体全体のコリもほうれ線などの老化現象を促進するケースがありますので、コリや痛みはこまめに解消してください。

痛みが重症化してから対処すると時間がかかりますので、なんとなく違和感を覚えるようになったら要注意です。

整体でゆっくりほぐしてもらうのもいいですし、鍼灸で自然治癒を高めてもらう方法もあります。

例えば首に慢性的なコリを感じている場合、それが年齢サインに直結してくる可能性があります。

まったく関係ないと思っている症状が関連していることは多いのです。


抜け毛が薄毛が気になり始めたら、一気に老け込んできたという人もいます。

頭皮環境が悪化すると抜け毛が増えやすくなりますが、頭皮が硬くなっているときは顔にも悪影響が出てきます。

頭部の血流が悪くなっている状態にありますので、顔の血流やリンパも悪化していると考えられるのです。

このように顔以外にコリが発生していたり、皮膚が硬くなったりしている場合は、年齢サインが発生しやすいと考えてください。

つまり全身の健康を維持することが、若さを維持することにつながるわけです。


頭から首にかけてのリンパはスムーズに流しておく必要があります。

リンパの流れが悪くなってくると、老廃物の排出が停滞してしまうのです。

老廃物を溜め込んでいると老化現象が促進しますので、実年齢より老けて見られたりします。

リンパが停滞するとむくみや皮下脂肪を増やす原因にもなるので、ほうれ線のリスクを高めると考えてください。

弾力性のある真皮を維持するためには、リンパの巡りがポイントになります。


顎周りに疲労がある人もほうれ線が発生するリスクが高いです。

起床時になぜか歯が痛いという人は、無意識のうちに食いしばりや歯ぎしりをしている可能性があります。

顔の筋肉にも大きな負担がかかっていますので、速やかに対策をする必要があります。

ストレスが過剰に溜まっていると食いしばりなどが多くなりますので、ストレスケアが大切になるでしょう。

咬筋を使いすぎると筋肉が発達し、顔太りの原因になるので注意してください。

このページの先頭へ