ほうれい線が深くなったゴルゴラインやマリオネットラインの予防と改善の方法について…

予防にはマッサージが有効、化粧品によるケアのほか医院による施術も…

ほうれい線の女性

ほうれい線がはっきりと深く見える場合のゴルゴラインや、唇の両脇から顎に伸びる2本の線で腹話術師の使う人形の口の部分に似ているためにマリオネットラインなどとも言われるラインがあります。

これらは年齢よりも上に見られたり、疲れて見えるなどあまり良い印象を与えないものです。


ほうれい線のゴルゴラインができる原因は、年齢を重ねて皮膚に刻まれたシワということではなく、頬の筋肉や皮膚がたるみ脂肪が下がってくることで溝が目立って見えるようになった状態です。

脂肪が重力で下がったことでできる溝なので仰向けに寝ると消えるのも特徴的です。

マリオネットラインができる原因は頬の皮膚や筋肉がたるみ脂肪が下がったり、口元から下顎、首にかけて広がる筋肉がたるんだり、口角を下げる時に使われる口角下制筋が硬くなったり縮まることでできます。

ヒアルロン酸を注入する方法

ほうれい線が深くなったゴルゴラインやマリオネットラインはとても気になるものです。

どちらも頬の脂肪が下がることなどが原因なので、解消するための方法にヒアルロン酸を注入する方法があります。

ヒアルロン酸は体内へ吸収されてしまうため長期的な改善ではありませんが、万が一ヒアルロン酸を注入して満足できない場合でも数ヶ月から数年経つことで元に戻り、注射で分解することも可能なので気軽に施術をすることができます。

脂肪注入や再生治療

ほうれい線が深くなったゴルゴラインなどを長期的に解消するためには脂肪注入や再生治療などがあります。

これらの治療はしこりができるなどリスク、膨らみ過ぎるなどのリスクなどが起きる可能性があり、仕上がりに満足できない場合には修正も困難になります。

ヒアルロン酸注入でトラブルが起きた場合は時が経つことで解消することもありますが、注入し過ぎて違うトラブルを招くことがあります。

気軽にできるヒアルロン酸注入であっても、脂肪注入などでの治療であってもトラブルにならないように最初から技術や知識のある名医に施術をお願いすることも大切なことです。

マッサージによる予防と改善

ほうれい線やマリオネットラインは、皮膚のたるみや筋力の衰えによるもので、年齢と共にあらわれるものです。できるだけラインが深くならないように予防することも大切です。

方法としてマッサージがあります。

クリームや美容オイルなどを顔に塗り肌を滑りやすい状態にして口角から耳に向かってラインを伸ばすようにゆっくりとマッサージします。

マッサージは強すぎると細胞が壊れやすくなるため、強くマッサージしないよう心がけます。

また指の腹を回転させてマッサージしてたるみを上に引き上げるようにします。

マッサージを続けることでほうれい線などのラインが薄くなるだけではなく、顔のマッサージにもなるため、顔がすっきりと小顔になることも期待できます。

ゴルゴラインの対策方法

ほうれい線ケアの案内嬢2

ゴルゴラインと紫外線,原因について知りたいという人もいるでしょう。

実年齢より老けて見えてしまうという場合、ほうれい線だけでなくゴルゴラインを解消するのがおすすめです。

ゴルゴラインというのは目の下から頬の中心を斜めに走るラインのことであり、シワとは異なります。

皮膚の表情筋が緩み、皮下組織が減少して頬が窪んでしまうことが原因です。

男性にできそうなイメージを持っている人もいるかもしれませんが、女性でもできてしまうことはあります。


ゴルゴラインはほうれい線と同じで年齢を重ねるごとに深くなってしまうのが特徴です。

ゴルゴラインの主な原因は目の周りの筋肉が老化してしまうことです。

筋肉が加齢により垂れ下がってしまった場合、頬に落ちていくようにゴルゴラインが目立ってしまいます。

また、筋肉の老化や脂肪の減少、肌の乾燥、たるみなどが原因となってしまうことも多いです。

しかし、骨格や皮脂の分布などには個人差もありますし、年齢を重ねた人は必ずゴルゴラインができてしまうというわけではありません。


また、生活習慣や遺伝、環境要因によってもゴルゴラインのできやすさは変わってきます。

普段からパソコンやスマートフォンをよく捜査している場合、目が疲れやすくなりますし、目元の筋肉が衰えることでゴルゴラインができやすくなります。

また、姿勢が悪い人も目元の血行が悪化しやすいですし、注意が必要と言えます。

特に目元の脂肪が少ない人やクマができやすい人、目が大きい人などはゴルゴラインができやすいですし、気を付けて生活をしていきましょう。


ゴルゴラインは表情筋が衰えることで発生しいしやすくなるため、表情筋が衰えないようにすることが大切です。

表情筋は使わないとどんどん衰えてしまいます。

効率よく鍛えたいという場合、普段からよく笑うことを心がけましょう。

笑顔を作ると表情筋をよく使うことになりますし、アンチエイジング効果も期待できます。

ゴルゴラインを予防したいという場合、紫外線対策と保湿ケアも欠かせません。

紫外線は肌の老化に繋がるため、外出の際にはきちんと日焼け止めクリームを塗るようにしましょう。


そして、メイク前とメイクを落とした後にきちんと保湿ケアをすることにより、若々しい肌を保つことに繋がります。

ゴルゴラインを解消したいなら、蒸しタオルなどで目元を温めるという方法もおすすめです。

血行が改善されるため、目元の悩みを効率よく解消することができるでしょう。

マリオネットラインの対策方法

ほうれい線ケアの案内嬢3

ほうれい線と似たものにマリオネットラインと呼ばれるものがあります。

これは口角から下へ走るラインのことであり、年齢を重ねるごとに目立ちやすくなります。

目立つようになるのは60代くらいからですが、肌質によっては若くてもマリオネットラインが出てしまうことがあるのです。

マリオネットラインはほうれい線の下にあることが特徴であり、ほうれい線の一種と言われることもあります。


しかし、ほうれい線よりも表情に与える影響が大きく、不機嫌な表情に見られてしまうことが特徴です。

マリオネットラインは加齢や生活習慣などが原因でできてしまうことが多いです。

年齢を重ねると頬の筋肉がたるみやすくなりますし、支えることが難しくなってマリオネットラインができやすくなるのです。

頬の筋肉はよく使用する部位ですし、他の部位と比べて筋肉が衰えた時にらるみになりやすいということです。


また、太っていて顔に脂肪が多くついている人もマリオネットラインができやすいので注意が必要です。

マリオネットラインは頬の筋肉を鍛えることで予防することができます。

姿勢を良くすることも有効な対策方法として挙げられます。

普段から姿勢が悪いと顔の筋肉が緩んでしまいますし、ハリがなくなって肌がたるみやすくなります。

また、顔の筋肉の左右のバランスが乱れてしまうことも原因です。

特に猫背の人はマリオネットラインができやすいため、普段から姿勢を正すことが大切です。

噛み合わせが悪い人も肌のたるみができやすいと言われています。

食べる時にあまり噛まない人も注意が必要であり、意識して口周りの筋肉を動かすようにしましょう。

口周りの筋肉は柔らかいものばかり食べていると衰えてしまいます。

たまには固いものも食べると良いでしょう。


皮膚のたるみはさまざまなシワの原因となります。

そこでたるみを防止するケアを取り入れるのがおすすめです。

肌のたるみを引き締めたいという場合、美顔器を使ってみると良いでしょう。

美顔器なら肌のたるみをしっかり引き締めることができますし、肌に潤いを与えることに繋がります。

美容ローラーも手軽に使えるアイテムとして人気です。

ラインに沿ってローラーを転がすことにより、肌を引き締めてシワを解消する効果が期待できます。

美容ローラーを使う場合、マリオネットラインに沿って動かしやすいY字のローラーを選ぶと良いでしょう。

リンパに沿ってローラーを転がすこともできますし、リンパの流れが良くなることで老廃物や毒素を排出しやすくなるのです。

このページの先頭へ