ほうれい線トラブルは、お肌の水分不足が引き金!

ストレッチは毎日の習慣に…朝晩のスキンケアでは必ず行う!

ほうれい線ケアの案内嬢

女性はいくつになっても、実年齢よりは若く、綺麗に見られたいという願望を持つものです。

そのために、スキンケアには力を入れ、肌トラブルのない美肌を目指しますが、どうしてもお肌には老化の兆しが次々と現れ始め、メイクでもカバーしきれないようになってしまいます。

特にほうれい線が目立つようになると、見た目年齢は一気に引き上がり、老けた印象を与えてしまいます。

普段、手鏡でスキンケアやメイクアップを行っている時は、ほうれい線はあまり目立ちませんが、電車の窓ガラスや街中のショーウィンドゥに映りこんだ自分の顔を見て、ほうれい線がくっきりと現れたたるみ肌に、思わず目を疑ってしまったという経験をされる女性も少なくありません。

ほうれい線トラブルは、お肌の水分不足が引き金となり、たるみによって引き起こされているしわの一種なので、ヒアルロン酸などの保湿成分が配合された化粧品を使って、保湿対策を十分に行うようにしましょう。

ほうれい線に限らず肌トラブルは、全てお肌の水分不足が引き金となって生じているといわれており、保湿ケアを徹底するのが最善策です。

まずお肌にしっかりと水分を補い、徹底した保湿ケアを…

しわに効果があるといわれている高価な美容液でも、まずお肌にしっかりと水分を補い、吸収できる状態にしてあげなければ奥まで浸透していきません。

角質層のいらないものをしっかりと落とし、保湿成分がたっぷりと配合された化粧品でお肌を潤わせてあげれば、肌の奥からハリが蘇り、肌表面の溝は薄く消えていきます。

ほうれい線もしわも、浅い段階であればスキンケアを見直せば修復可能なので、肌表面が乾いていないから大丈夫、と勘違いせず、徹底した保湿ケアを行うようにしましょう。

ストレッチはフェイスラインもきゅっと引きしめるのでおすすめです

加えて、ほうれい線は口周りの筋肉を鍛えてあげることでも薄くさせることができるので、毎日のスキンケア時に顔ストレッチを取りいれてみましょう。

ほうれい線を消すストレッチはいろいろとネットなどでも紹介されていますが、大切なことは毎日の習慣にすることで、わずか一分程度でできるものばかりなので、朝晩のスキンケアでは必ず行うように決めてしまいましょう。

口を閉めた状態で、舌先を歯の表面をなぞるように大きくぐるぐると回し、ほうれい線の溝を肌の裏側から伸ばすように舌先でなぞってあげるだけでも、随分と薄くなっていきます。

慣れるまでは顎も疲れるほどきついですが、次第に楽にできるようになります。

このストレッチはフェイスラインもきゅっと引きしまっていくのでお勧めです。

メイクで隠せないほうれい線は、ヒアルロン酸化粧品で対策

ほうれい線ケアの案内嬢2

美しく若々しい印象でいたい、ほとんどの女性はそういった願望をお持ちではないでしょうか。

年齢を重ねていくにつれて、お肌には様々なエイジングサインが出てしまいますし、シワやシミ、くすみを隠そうとメイクで対策をしている方も多いです。

しかし隠し切れないエイジングサインの一つがたるみ、ほうれい線です。


ほうれ線は一般的な単なるシワとは異なり、たるみが要因でできている線です。

そのため乾燥対策だけではなく、弾力のあるリフトアップ効果の高い美容成分の配合された化粧品を使ったアプローチ、マッサージなども取り入れていくことがポイントです。


ヒアルロン酸やコラーゲンやセラミドといった保湿成分を含んでいる化粧水や美容液を選ぶと、保湿が出来ます。

しかしお肌のベースが整っていない状態ですと、うまく有効成分も浸透してくれませんし、30代後半からコラーゲン生成量が減少する事にも着目してケアを行っていく必要があります。


コラーゲンは肌の細胞同士をつないでいるため、これが不足してしまうと保水する力が失われてしまうのです。

そうなればいくら化粧水や美容液で保湿をしようとしても、蓄えておく事が出来ず浸透もしてくれません。


コラーゲンを内側から生成させることが出来るように、トレチノインを使ったりインナーコスメでコラーゲンやヒアルロン酸を摂取することもおすすめです。

食べ物から摂取できるコラーゲンもありますが、こちらは分子が大きいためお肌にはそこまで作用してくれません。

低分子化されたもの、コラーゲンペプチドと記載されているサプリメントやドリンクですと、効率よくお肌に届けていく事が出来ます。


ほうれい線は深く刻まれてしまってからでは、美容注射やフェイシャルリフトなどの美容外科で行える処置や手術でなければ改善できないケースもあります。

しかし早い段階でアンチエイジング対策を行っていけば、ほうれい線を予防することもできますし、それ以上進行させないということにもつながりますのでできるだけ保水力を高めて保湿をしていきましょう。


メイクで隠そうとしても、ほうれい線は隠し切れませんしたるんだシワのところにはファンデーションが詰まって目立ってしまいます。

あまりその部分には濃く塗らないこともポイントです。

それよりもすっぴんでも自信が持てるような肌にするために、基礎化粧品で毎日きちんと充実したスキンケアをしていく方が効果があります。

化粧品だけではなくお顔の筋トレも始めよう!

ほうれい線ケアの案内嬢3

ほうれい線はエイジングサインの中でも特に目立つものですし、老化現象の一つでもあるので老けた印象になってしまいます。

あらゆる肌トラブルやエイジングサインの原因となるのは乾燥ですし、もちろんほうれい線が出来る原因の一つには乾燥もあります。


そのためヒアルロン酸やコラーゲンやセラミドといった保湿成分を含む化粧品で、毎日朝と夜とスキンケアを行うことも重要です。

しかし外側から化粧品で栄養や潤い成分を与えてあげるだけでは実はダメです。


身体と同様に、お肌にも筋力の低下が起こります。

その筋肉は表情筋というもので、頬のあたりにあり皮膚を持ち上げてくれる効果があります。

年齢とともにこの表情筋の筋肉量や筋力が衰えてくることで、皮膚はたるんできますし、それによってほうれい線が出来てしまうのです。


ほうれい線に関しては、コラーゲンの減少であったり、乾燥も影響していますのであらゆるところからのアプローチが必要です。

対策としては化粧品を選び変えたり、エステに通ったりということで行うイメージが強いかもしれませんが、表情筋の筋トレを行うことでかなり改善効果が見られますので試してみる価値があるでしょう。


一般的には一度深くなったほうれい線は化粧品だけで治すのは難しいですし、美容皮膚科や美容外科でヒアルロン酸などの美容注射を受けたり、フェイシャルリフトの手術を受けるといった即効性のある手段もありますがリスクも生じます。

もっと手軽に効果のある方法をと考える方にお勧めなのが、舌回しです。


美容雑誌やネットでも数多く特集されていますし、これを行ってほうれい線が目だなくなったという方も多いので試してみる価値があるでしょう。

やり方もとても簡単で、道具も使いませんしお金もかからずどこでもできます。


やり方は、口を閉じた状態で舌先を歯の表面をなぞるように大きくぐるぐると回すだけという簡単な方法です。

回数的には20回ほど行いインターバルをもうけたあと、反対側もやります。

これを1セットとして1日2~3回行うのが理想です。


やり方は非常に簡単ですしどこでもできますが、初めてやってみると意外と疲れます。

慣れるまでは少し大変かもしれませんが、それだけ筋肉が衰えているということですし頑張って継続してみてください。

きっとほうれい線も目立たなくなっていきますし、頬がひきあげられてリフトアップが十分に感じられます。


化粧品だけではなく、こういったアプローチ方法も取り入れてアンチエイジングを目指しましょう。

ほうれい線の女性とほうれい線のケアをした女性



このページの先頭へ