幾つくらいになったらほうれい線のお手入れをしたらよいのでしょうか?

早ければ早いほうがベターです!

ほうれい線の女性

ほうれい線というのは幾つから出来るのでしょうか?

30歳ぐらいから?それとも40歳?

ほうれい線は、じっさいのところ何歳ぐらいからできる印象をもっているでしょうか?

30代なかくらいから目立ち始める、と思っている方もかなりいらっしゃるのではないでしょうか?

でも、これってとても個人差があるお話だと言えますね。

そこで、年齢とほうれい線についてすこしくわしくみてみましょう。

そして、、ということもみてみましょう。


では、ほうれい線が実際にできる年齢はいくつぐらいからかというと…早い人で・・・10代なかば、一般的な人で・・・30代なかば、比較的に遅い人で・・・40代すぎてから…ということが考えられます。

ということは、 ほうれい線というものに関しては、ある程度の年齢層に届いてしまえばいつ発生してもおかしくありません。

人それぞれに個人差がとてもあり過ぎるので、平均年齢を出すのはあんまり意味がありません。

それでもどうしても、とお考えの方には、あえていえば「30代」とお答えしておきましょう。


ついでに申しますと、どうしてこれ程まで個人によって違いががあるのか、気になってしまうのではないでしょうか。

本当のことを言うと、ほうれい線はできやすい人と、できにくい人がいるというわけです。

できやすい人は、かなり早い時点でほうれい線が見えはじめます。

できにくい人は40代が過ぎたらころからようやくの目に付き始めます。


ほうれい線ができる原因の一番は、肌の老化現象です。

肌の老齢化に対しては、ちゃんとした改善の対策があります。

そして、いつ頃からほうれい線のお手入れを行なえばよいのでしょうか?

これは、早ければ早いほうがベターだといえます。

今のところシワが見受けられないという状態であるとしても、肌の老齢化は肌の内の部分で生じているのです。

まだ大丈夫だと思っていると、知らず知らずのうちにほうれい線が進行しているかもしれません。

早い方でしたら、10代後半からスキンケアを本気でやりはじめてます。

遅い人でも20代後半になれば、肌のエイジングケアを意識的にスタートして下さい。

30代になってしまうと、本格的に加齢現象が生じてきますから、手遅れであるかも知れないのです。

20代前半くらいからやりはじめていたとすれば、ほうれい線が発生するまでの時間を結構引き伸ばすことができます。


また、ほうれい線のケアにはどういうやり方がおすすめかというと、パックや保湿ケアをするといいでしょう。

20代でしたら、まだまだ肌はしっとりしているかもしれませんけど、だんだんとうるおい持続機能も落ちてしまいます。

パックできちんと潤い対策をしてやることが重要なポイントなのです。

また、リンパマッサージをする ことで、リンパの流れを好転させることでむくみを改善できます。

肌のターンオーバーも引上げるので肌の機能も良くなり、ほうれい線対策に効果的といえます。

ほうれい線は何歳から気になる?

ほうれい線ケアの案内嬢2

ほうれい線という言葉は、美容に関心の高い人の間では頻繁に聞くキーワードです。

このほうれい線は10代や20代の人の間では、あまり聞くことはありません。

その頃は、肌の悩みは乾燥やオイリーや毛穴といったキーワードが目立ちます。


それでは、ほうれい線とは具体的にいつごろから気になるものなのでしょうか。

それは、もともとの肌の弾力や肉の量、肌質や外からの物理的な刺激などによってお大きく異なります、一般的には、30代半ばを過ぎたころから徐々に気になるようになってきて、40代に突入することには多くの女性が悩みとしてあげることになるのが実情です。


例えば、鏡を顔の下においてみた時に、たるんでいるように見えるのもちょうどこのころです。

なぜ30代を過ぎたころからほうれい線が気になるのかというと、肌の中のコラーゲンや筋肉などが少なくなってくるため、弾力がなくなって重力によって下に落ちるようになってきます。


肌のお肉が徐々に下向きにたれてくるので、笑った時に口の横にできるシワの部分のほうれい線も、くっきりと目立つようになってきます。

先述したように、人によって気になる年齢は異なりますが、早ければ早いほどお手入れが生きてくるのが実際のところです。


気になってからスタートするよりも、まだ症状が出ていないうちのケアが非常に重要となってきます。

肌そのものの筋力が衰えるだけでなく、乾燥やその他物理的な刺激などによって、30代以降はお肌も曲がり角になってきます。


気になってから始めてももちろん良いですが、できれば20代ごろから筋力を衰えさせないような運動や、紫外線をむやみに浴びないこと、物理的刺激を避けるためにこすらないことなどを念頭に置いておくとよいでしょう。


積極的なアプローチはもちろんほうれい線を撃退するのに役立ちますが、毎日のルーティンも重要です。

例えば簡単なことですが、なるべくお肌をこすらないように洗ったりして、刺激を徹底的に避けていきます。


良い刺激もありますが、お肌にとって摩擦や紫外線はダメージを与えてしまうものにほかなりません。

それを防ぐためには、お肌に触れるときにはそっと触れて優しくクレンジングや洗顔を行い、徹底的な保湿ケアをしましょう。

乾いたと感じてから塗るのではなく、一日中乾燥させないようにコンディションに合わせて化粧品を使い分けます。

アンチエイジングタイプなら、ほうれい線にも適切です。

内側からのアプローチやエクササイズも重要

ほうれい線ケアの案内嬢3

ほうれい線は、化粧品で防ぐというのも重要ですが、専用のグッズを使った積極的なアプローチもお勧めです。

ほうれい線の部分を気にならないようにする、筋トレ用のグッズが販売されていて、大変な人気になっています。


そのくらい、世界中で気にしている人が多いということですし、気づいたときに購入して始めるのも良いですが、先述したようにできれば20代から予防的な意味合いでやっておくのがおすすめです。

1万円くらいで販売されているものもありますが、もっと安く買える手ごろなタイプもあります。


又、食生活も重要でたんぱく質は最も重要な栄養素です。

肌は、たんぱく質から作られるといっても過言ではありません。

そのため、毎日良質のたんぱく質をしっかりとって栄養補給を内側から行いましょう。


幾ら外側から高級化粧品でケアしても、ダイエットをしてあまり食事をしていなかったら効果は半減です。

ぴんとしたハリのある素肌には、適切な栄養が必要不可欠です。

たんぱく質だけでなく、アミノ酸やビタミンやミネラルなども、積極的にとっていきます。


食事で無理な時には、サプリメントの力を借りても大丈夫です。

できれば食事からとるのが望ましいですが、サプリメントは縁の下の力持ちですので、足りてないと感じたらどんどん積極的にとっていきましょう。


又、定期的なエステや美顔器などのケアもプラスしたいところです。

エステは高級というイメージがありますが、最近はセルフエステの設備が解放されているエステもありますので、それなら1000円前後で高級な化粧品を使ったケアをすることもできます。


家庭用に販売されている美顔器も、ほうれい線には有効です。

特に超音波が出るタイプは肌を活性化させてくれたり、はりを持たせてくれる効果が期待できます。

セルフケアでできることはすべてやっておいたほうが、年齢を重ねて時のほうれい線は違ってくるのが実際のところです。


確かにリフトアップ効果のある美容液や高級クリームなども大切ですが、適切な睡眠やストレスの解消、適度な運動に加えてバランスの取れた食事などもほうれい線を防いでくれます。

スポーツは関係なさそうに感じるかもしれませんが、たるみを防ぐという意味では毎日体を動かすことは有効です。

肥満防止にもなりますし、筋力が鍛えられることでたるみを防いで気になるほうれい線を撃退します。

様々な視点からのアプローチが、ほうれい線をなくすためには必要です。

ほうれい線の女性とほうれい線のケアをした女性

このページの先頭へ