ヒアルロン酸を注入することで皮下から肌を持ち上げる…

ほうれい線の女性

ニキビや乾燥肌、シミといった肌トラブルは美容の敵であり、これらが発生すると実年齢より老けて見える恐れがあります。

シワやくっきりと残るほうれい線もその中の一つであり、現在ではこうした肌トラブルを緩和するために化粧品やサプリメントが市場に出回ってます。

美容効果がある成分として知られるコラーゲンはスキンケア製品やダイエット食品を初め様々な用途に活用されてます。

実はほうれい線にもこの成分は効果的だと言われ、コラーゲンを日々摂取することでなくせるように思えます。

しかしコラーゲンには摂取方法が存在し、ただ食べる飲むという行動では肌に効率よく浸透しない可能性があります。


そもそもほうれい線とコラーゲンとの関係は、加齢によってこの成分が減少して肌の弾力やハリが失われることで起こると言われます。

なのでフカヒレスープや鳥の手羽先に多く含むコラーゲンを摂取すれば、皮膚からハリが失われるリスクが減少するように思われます。

しかし食べ物の摂取の場合その多くは関節などその成分が不足しがちな部位に吸収されやすく、肌に届くことは少ないと言われます。


この理由からコラーゲンは食べ物からの摂取はおすすめできず、効率よく取り入れるのなら美容ドリンクが適してます。

低分子コラーゲンあるいはコラーゲンペプチドと記載されたものが肌に吸収しやすいものであり、長期間継続することで肌に効果が現れます。


ちなみにサプリメントでも摂取は可能ですが、使用成分は魚由来のものが体内に吸収されやすいです。

この時パプリカやレモンなどに多く含まれるビタミンCと一緒に摂取すると良いです。

これはビタミンCがコラーゲンの吸収を助けたり、合成するうえで欠かせない成分だからです。

なのでビタミンCが不足したまま美容ドリンクを飲んでも肌の弾力は生まれないので一緒に摂取することが大切です。


この他にもビタミンEやビタミンB2、ビタミンB6といった成分も相性が良いので一緒に取り入れるとおすすめです。


最後にこうしたコラーゲンやビタミン類は朝よりも夜寝る前に飲むのが最も効果が発揮しやすい時間帯です。

朝の場合、これらの美容成分が人間の活動と一緒に消費される恐れがあります。

一方で就寝中は美肌に繋がる成長ホルモンが分泌されやすく、肌のターンオーバーが活発化します。

なので就寝中に摂取することが良く、この時睡眠も重要であり22時から2時の間はしっかり眠ることが美肌への近道でしょう。

コラーゲンの多い食べ物を食べてもあまり効果がないの?

ほうれい線ケアの案内嬢2

年齢肌のサインの一つでもあるほうれい線は、お肌の乾燥が主な要因です。

30代の終わり頃からコラーゲンの生成量が減少することで、保水力の低下が起こり水分量も減ってきます。

そうなれば当然シワもできやすい状態になりますし、弾力のあった肌もしぼんでたるみ、ほうれい線が目立つようになります。


目じりにできる細かいシワぐらいでしたら、念入りに保湿を行えば目立たなくすることもできますが、ほうれい線はくっきりと深いシワになってくると除去するのは困難です。

そこで出来てしまってもまだうすい状態でしたらコラーゲンなどの有効成分で補ってあげることで弾力のある肌に戻してあげる事が出来ますので、日々のスキンケアやコラーゲンをサプリメントやドリンクで摂取することをお勧めします。


ところでコラーゲンを含む食品の中に、鶏の手羽先やフカヒレなども挙げられますが、これを食べればお肌にも良いのかというと実はそうではありません。

コラーゲンを含む食材ではありますが、食べたとしても栄養が吸収される段階ではほかの成分に分解されてしまいますので、お肌への直接的な効果にはつながらないのです。


効率よく吸収させるためには、低分子で作られているサプリメントやドリンクを飲むことが有効です。

コラーゲンペプチドや低分子コラーゲンと記載されているものを選べば大丈夫です。

ドラッグストアやコンビニ、また通販専売品などでも多く取り扱いがありますし、含まれているコラーゲンの量であったりほかの美容成分量なども比較して選んでいくとよいでしょう。


ちなみに吸収を高めるためには、ビタミンCなどの栄養素を一緒に摂取するのが大事なポイントです。

ビタミンCを同時に摂取することで、コラーゲンの吸収を高めたり合成するうえで効率よくなりますし、それが足りていないと十分に吸収されませんので要注意です。

サプリメントで摂取してもよいですし、コラーゲンと一緒に配合されているドリンクやサプリメントを選ぶと簡単に摂取できます。


なんとなくコラーゲンを含む食べ物を食べれば肌がプルプルになるというイメージも持たれているかもしれませんが、実際にはお肌への効果まではあまり期待できませんので、その点は知識として持っておくとよいでしょう。


サプリメントやドリンクであれば、長期間滞在させることもできますし、体内吸収しやすいように低分子化されていますのでより効果も感じやすいです。

ほうれい線対策にコラーゲンは有効!

ほうれい線ケアの案内嬢3

女性の顔の悩みを解決に導く可能性があるのがチェックシート、15の質問が掲載してありひとつでもチェックが付くと要注意です。

1番目のまん丸顔を除けば何らかの工夫を行うことで改善ができるため、工夫次第ではマークを減らすことができます。

しかし、まん丸顔は骨格が丸いなどからも変えることができない部分です。

このチェックシートはほうれい線ができやすい人の特徴を15の質問でわかるようにしてあるもの、そもそもほうれい線はなぜ起きるのかご存知でしょうか。


一般的にほうれい線と聞くとシワのイメージを持つ人が多いようですが、これは頬の境界線を意味するものでシワとは別物です。

目立つと実年齢よりも老けて見られてしまうなどからも、気になる人も多いようですし、気になり始める年齢も20代の人もいますし、40~50代に入ってからなど様々です。

最近は目立たなくできるケアアイテムが登場していたり、美容皮膚科などではほうれい線除去のプチ整形を行っている病院も少なくありません。

頬の境界線が深くなっているのか否かで目立つか否かが決まるものですが、毎日マッサージを行って目立たなくなったなどの効果を期待できた人も少なくありません。


頬の境界線が目立つようになる理由の中には、頬骨の下に並んでいるリガメントと呼ぶ部分のこわばりが要因している点が挙げられます。

リガメントは靭帯とも呼ばれているもので、筋肉や脂肪・皮膚を引き上げ骨に固定させる重要な役割を持つ組織です。

20代前半頃までは弾力性があり全体的に柔らかいのですが、加齢などにより弾力を失うと硬くなってしまう、皮膚や筋肉を引き上げる力が弱まるため肌のたるみが生じてしまいます。

硬くなったリガメントをマッサージにより柔らかくすることで、ほうれい線が目立たなくなる効果を期待できるなどからも、気になっている人は毎日のケアにマッサージを取り入れては如何でしょうか。

また、マッサージの場合は顔の輪郭などに関係なく効果を期待できるといわれており、チェックシートで自分がまん丸顔でチェックを入れている人でも試してみる価値があるのではないでしょうか。


また、チェックシートにチェックマークを付けた部分は、日常生活で工夫を取り入れることで改善することができる、一つでもマークが付いたら要注意ではあるものの、マークが付いた部分については改善ポイントであると認識、日々の生活の中で改善するように心がけると良いでしょう。

ほうれい線の女性とほうれい線のケアをした女性

このページの先頭へ