ほうれい線は、出来てしまってからでは中々改善することが難しくなります…

ほうれい線ケアの案内嬢

人間の体は、年齢を重ねることによって様々な変化が生じるようになります。

これは個人差はあるものの、誰しもに起こる変化ですが、時には外見を老けて見せてしまう原因にもなるものです。

年齢を感じさせる体の変化として、特に人目につきやすいのが顔にできる様々なしわです。

顔に出来る深いしわは、貫禄や渋みを現すということも言われますが、いつまでも美しい見た目を維持したい女性にとっては歓迎できるものではありません。


しわができる主な原因は、肌が本来持っている保湿機能や潤いなどが加齢によって失われるためで、それを予防するには日頃からのお肌のケアが非常に重要になります。

若い内は肌の再生機能も活発なので、肌荒れや日焼けなどでもそれほど肌に影響することはありませんが、そうしたダメージが蓄積されてしまうと、年をとってから顕著に肌の衰えとして現れてくるようになります。

そのため、若いからといって肌のケアを疎かにするのではなく、日焼け対策や美容液、乳液などによる潤いの維持などを気にしておくことが大切です。


しかし、ケアを十分に行っていたとしても、しわが全くできないという人は殆どいません。

特に目立つほうれい線は、出来てしまってからでは中々改善することが難しくなります。

ほうれい線は特に頬のたるみや肌のハリの衰えが大きく影響するもので、効果的に改善するためには失われてしまった様々な美容成分を補給してあげるのが有効です。


ほうれい線を改善する治療にも色々な方法がありますが、特に効果が高いのがアクアミド注射やヒアルロン酸注射などで保湿機能を改善させる治療です。

最近の治療では、注射したあとの持続期間も非常に長くなっているので、一度処置をすればしばらくはケアをする必要が無くなるというのが利点です。


ほうれい線を作り出す要因の肌のたるみは、美容成分の補給と共に、リフトアップ治療を施す事でより効果的に改善する事が可能です。

しかし、治療の内容によっては外科手術が必要になる場合もあるので注意が必要です。

これ以外にもほうれい線の治療に有効なのがボトックス注射による治療です。

ボトックス注射は、ボツリヌス菌が持つ毒素を利用したもので、注射した箇所の筋肉の動きを抑制する働きがあります。


ほうれい線は顔の表情筋が動くことによって出来るので、ボトックス注射を施術することで、表情筋の動きを抑え、しわをできにくくする事ができます。

ボトックス注射は半年ほど効果が持続するので、効果を長く維持するのであれば、定期的に利用する必要があります。

お肌の酸化によるほうれい線には…?

ほうれい線ケアの案内嬢2

そもそも一言でほうれい線といっても、できてしまう原因はいくつかあります。

その原因のひとつになりうるのが肌の酸化。

真皮という皮膚の深いところにあるコラーゲン線維やエラスチン線維が紫外線などの外からのダメージによって酸化すると、線維が傷ついてしまうことにより肌にハリがなくなり、それがほうれい線につながります。


肌を老化させてしまう活性酸素を除去し、肌の老化を防いでくれる美容成分としておすすめなのが「フラーレン」です。

他の抗酸化成分として知られている美容成分の約100倍以上という、高い効果を発揮する成分として知られている成分です。

さらに長時間効果を維持できる成分としても知られているので、より有効的に活性酸素を除去できます。

また、活性酸素を除去することは、お肌のハリをよみがえらせてくれるだけでなく、すべての肌の悩みを改善することにもつながります。

フラーレンはハリがなくなってきたことによるたるみだけでなく、くすみや乾燥、毛穴の悩みにもアプローチできる万能な美容成分ですよ。


また、同じように抗酸化作用を発揮するのが「コエンザイムQ10」。

コエンザイムQ10はもともと体内にも存在する物質で、細胞内や血液内で活性酸素を除去する役割を果たしてくれますが、年々体内にあるコエンザイムQ10が減少していくことも、肌が老化してしまう一つの原因と言えます。

そんな不足してきたコエンザイムQ10を外から補ってあげることで、抗酸化作用を高めるだけでなく、細胞を活性化することができるので、ターンオーバーを早めてくれる効果が期待できます。

さらにサプリメントなどでコエンザイムQ10を取ると、お肌だけでなく血流改善や基礎代謝の向上などもしてくれるので、血行の悪化や冷え、むくみなどを感じているという方にも効果抜群の成分と言えます。


そして美容成分の中でもとても身近な「ビタミンC」も、抗酸化作用を発揮する美容成分のひとつです。

抗酸化作用で活性酸素を除去するだけでなく、コラーゲンの生成を促したり、メラニンの生成を抑えたりもするので、たるみやくすみ、肌荒れの改善にも抜群の効果を発揮します。

さらにビタミンCには皮脂分泌を抑制する効果もあるので、毛穴の開きが気になるという方にもおすすめです。

ビタミンは体内での生成が難しい成分のひとつでもあるので、自分で意識して補ってあげることがとても大切な成分のひとつと言えます。

ターンオーバーサイクルの乱れによるほうれい線には…?

ほうれい線ケアの案内嬢3

お肌の酸化と同じようにほうれい線の大きな原因となるのが、ターンオーバーの乱れです。

そもそもターンオーバーとは肌の細胞の生まれ変わりのことで、本来は古い細胞が新しい細胞に生まれ変わることにより、肌本来の美しさを保つ活動をしてくれますが、年齢と共にその活動のサイクルがみだれたり、うまくターンオーバーできなかったりして、肌が老化してしまい、それがほうれい線が出来る原因になり得ます。


ターンオーバーの乱れを改善してくれる美容成分のひとつが「ビタミンB」。

ターンオーバーの周期を整える効果のあるだけでなく、皮脂をコントロールする役割もあるので、大人のニキビに悩まされているという方にもおすすめしたい成分です。

ビタミンCと同じく、体内でほとんど作られない成分でもあるので、積極的に自分で摂取することでターンオーバーの正常化につながります。


また、コラーゲンやエラスチンを生成するのを助ける成分のひとつが「レチノール」です。

レチノールとはビタミンAの一種で、古い角質を除去することで、ターンオーバーの正常化を促す働きをします。

また、コラーゲンやエラスチンの生成を助ける成分としても知られており、肌を土台から作り直すほか、ヒアルロン酸の生成も促すので、乾燥による小じわやほうれい線が気になるという方にも有効的な成分と言えます。

レチノールは効果が高い成分である反面、人によっては肌がピリピリするなどの症状が出ることがあるので、慎重に使用していく必要があります。


肌が弱いという方にもおすすめしたい美容成分が「アルファヒドロキシ酸」です。

フルーツ酸とも呼ばれている成分で、リンゴ・柑橘などに含まれる天然由来のものなので、肌に優しいことで知られています。

アルファヒドロキシ酸には古い角質を除去をしてくれる効果があるので、ターンオーバーを促すことはもちろん、肌にうるおいを与えるので、乾燥が気になる方も安心して使用できます。

古い角質を除去することにより、肌のごわつきやざらつきも改善するので、思わず触りたくなるような柔らかい肌を作ることが出来ます。


出来るだけで一気に老けた印象になってしまうほうれい線ですが、その原因はいくつかあり、その原因によって摂取すべき美容成分は異なります。

原因をしっかり分析することでより効果的なケアをすることができるので、原因を突き止めて正しい化粧品やサプリメントを使えるようにしていきましょう。

ほうれい線の女性とほうれい線のケアをした女性

このページの先頭へ