弾力を高めるために経口摂取すべき栄養素はコラーゲン…

肌に直接与える栄養はセラミド

ほうれい線ケアの案内嬢

ほうれい線が出来る肌は、年齢を重ね、弾力やハリを失い、筋力も衰えて、重力に引きずられたるんできている事が多いです。

年齢を重ねたらどうしてもそのような変化が出てきてしまうものですが、なるべくなら、いつまでも若々しいハリのある肌でいたいものです。

ハリのある肌というのは、キメが細かく潤いがあります。

逆にハリのない肌は細胞同士が綺麗にひしめき合っておらず、ばらばらに存在しているように間が空いていて、乾燥している傾向があります。

乾燥するとどうしても人の肌はしぼんだ風船のように軟らかく、ふにゃっとした状態になります。

内側からハリを支えている水分が失われてしまうので細胞自体がしぼんでいますし、細胞同士の間を埋めているセラミドも少なくなっているのでお互いが離れてしまい、ハリはますますなくなってしまいます。


年齢を重ねるごとにコラーゲンなどの細胞を膨らませるクッションのように働いてくれる成分も失われていくので、肌のハリの衰えは仕方のない事ですが、そんな変化をゆっくりとしたものにするためには、身体の内側からも外側からも弾力を取り戻すために必要な栄養分を与えてあげなくてはいけません。

弾力を高めるために経口摂取すべき栄養素はコラーゲンです。

コラーゲンを定期的に摂取し、補ってあげるとプルっとした肌を取り戻してくれます。


また、肌に直接与える栄養はセラミドがおすすめです。

セラミドは細胞同士をくっつけてあげる役割をしています。

ブロック塀を頑丈にくっつけるセメントのように細胞同士をくっつけてくれるので、セラミドを補いつつ肌を保湿する事が大切です。


は肌を美しく保つ基本です。

乾燥すればどんなものもしぼみます。

人間も同じ事です。

ハリを保つためには乾燥は大敵です。

水分を補った後は、水分が逃げないようにクリームなどで多い、水分がしっかりと定着するようにしてあげましょう。


また、ほうれい線を防ぐために必要なのは顔の筋力を鍛える事も重要です。


顔には30以上の細かい筋肉が存在し表情を作っています。

その筋肉を鍛えることで、頬がたるみ、ほうれい線ができるのを防ぐ事が出来ます。

よくマッサージをしてもみほぐし、エクササイズをして鍛えるのは身体と同じです。

鍛えることで、重力に負けず、たるみを上に持ち上げる筋力が付きます。


見た目年齢を大きく引き下げるほうれい線と無縁の弾力を手に入れるために、毎日の丁寧なお手入れと、トレーニングを心がけていきましょう。

乾燥に負けない弾力性を維持するために

ほうれい線ケアの案内嬢2

毎日洗顔をしたり化粧水を使用したりしていれば、肌の状態を感触として覚えているはずです。

元気なときはプルプルと弾力性を有していますが、年を重ねるほど乾燥してカサカサに変化していきます。

10年も経過すれば変化が生じるのは当然のことで、体調をイメージしてもわかることです。

人間の体調というのは加齢の影響を著しく受けますので、加齢に負けない肌を実現するためにも日々のメンテナンスが必要です。

ふっくらした状態を維持するためには、たっぷりの水分を与えることが重要になります。


水分で富んでいる状態はうるおいベールが存在し、乾燥しにくい状態にありますし、紫外線のダメージを深部まで届けないようにブロックします。

奥深くまでダメージが及んでしまうほど、老化を促進すると考えてください。

老化の影響は誰もが受けるものですが、うるおいを保持すれば最小限に抑えられます。

ほうれい線が目立ち始めてからケアするよりも、ダメージ自体をブロックしていくケアのほうが何倍も効果的です。

保湿は最高の防御になりますので、肌ダメージを抑制するために化粧水だけでなく、良質の水分を補給してください。


自宅にウォーターサーバーを設置すれば、いつでも新鮮で栄養価の高い水を飲むことができます。

水道水との違いは不純物が含まれておらず、ミネラルだけが生きていることです。

ウォーターサーバーには温水設定が備わったタイプがあり、その場で温かいお湯を飲めます。

水道水をそのまま飲んでいる人は、冷水によりお腹を冷やしている可能性があります。

お腹が冷えてしまうと、さまざまな問題を発生させるので注意してください。

基礎代謝が低下してきますので、当然ながら美肌を維持するうえでも不利になります。

健康のためにも美容のためにも、胃腸を冷やさないことが大切です。


代謝を常に高く維持しておくことは、健康を維持するための基本でもあります。

細胞に水分と栄養・酸素をしっかりと届けることにより、ターンオーバーを促進することが可能です。

ターンオーバーの乱れはほうれい線のリスクになりますので、常に活性化しておく必要があるでしょう。

不要なものはしっかりと排出していくことが、健康体を維持する基本です。

ハリのない肌に悩んでいる人は、基礎代謝の向上をイメージしてみてください。

冷え性は代謝を著しく落としますので、体温は36度以上に保つ必要があります。

体温を上げるだけでも身体の多くの悩みは消えてきます。

ストレスが肌の弾力を奪います

ほうれい線ケアの案内嬢3

ストレスが続いていると肌の弾力が失われることは、化粧品メーカーも宣言しているほどです。

コラーゲン生成能力の低下を招きますので、ほうれい線のリスクを高くします。

昔から怒ってばかりいると老けると言われていますが、これはストレスが大きく関係しています。

ストレスを大いに感じている人よりも、あまり感じない人のほうが見た目は若々しいです。

こうした習慣の差は5年、10年と長期化するほど顕著な差になってきます。

ストレスは少しずつ蓄積していく性質があり、自律神経に影響を与えるのです。


副交感神経を正常に作用させることが、弾力性のある肌を維持するためのポイントです。

若いころからストレスを溜め込む生活を続けていると、早い段階からほうれい線に悩まされるようになるでしょう。

ほうれい線というのは自分では自覚していなくても、多くの人に見られる症状です。

20代くらいからほとんどの人に見られる症状ですが、若いころは線が薄いのでわかりにくいのです。

線が濃くなっていくほど目立つようになり、ほうれい線だとはっきりと認識できるようになります。

またほうれい線は顔を横から見たときに認識しやすいですが、自分の横顔を鏡で見るのは難しいでしょう。

こうした理由からほうれい線が発生していても、気づくまでに時間がかかるわけです。


ほうれい線を防ぐために重要なのは、普段から弾力性を意識することです。

弾力性があってプルプルの状態にあるなら、急に線が発生することはありません。

ストレスは自律神経を崩したり、乾燥を誘発したりすることがわかっています。

乾燥に負けないためにも、保湿ケアは十分すぎるほど行ってください。

これは化粧品によるケアだけでなく、生活全体の見直しまで含めて考える必要があります。

不規則な生活は肌に大きなダメージを与えており、保水力を低下させる原因になります。


ストレスのやっかいなところは、蓄積するほど解消が難しくなることです。

少しストレスを感じている程度なら土日にしっかりと休息をとれば解消しますが、慢性化したストレスは簡単には抜けません。

こうした場合はプロのマッサージや整体施術を受けるなどして、解消していくのがおすすめです。

身体からストレスが抜けると全身が軽くなり、気持ちも晴れやかになるでしょう。

この状態は副交感神経が元気になりますので、肌の弾力性を生み出してほうれい線を防ぐことにつながります。

睡眠の質も向上してくれるので、ターンオーバーを促進するためにもメリットがあります。

このページの先頭へ