日経オンラインのアンケート調査の結果…女性の顔の悩み1位はほうれい線…

貴方のほうれい線のできやすさ度をチェックシートで確認しましょう!

ほうれい線ケアの案内嬢

何時の時代も、綺麗さを求め続けるのは女性の世のならいです。

でも、30才を超える時期にさしかかると、どうしても訪れる加齢現象と付き合っていかなくてはなりません。

それとともに抱え込んでいく肌の悩み…果たしてどんなものがあるのでしょうか?

日経オンラインが行ったアンケートに、興味深い結果が報告されています。

「女性の顔のシワ、悩みトップはほうれい線」のタイトルで、以下の様な報告が掲載されていましたので、ご紹介します。

30歳代の女性のうち7割が顔のシワを気にしている一方、ほとんどの人が十分なケアをしていない――。そんな調査をトレンド総研がまとめた。

 30歳-59歳の女性500人にオンラインアンケートを実施したところ、76%が「顔のシワが気になることがある」と答えた。年代別の割合は、30歳代が74%、40歳代が76%、50歳代が77%と、30歳代のうちからすでにシワが気になっている人が多い。

 シワが気になる部分(複数回答)は、「ほうれい線」(60%)が最も多く、以下「目尻のシワ」(42%)、「目の下のシワ」(32%)、「額のシワ」(29%)、「口元のシワ」(24%)と続いた。初めてシワが気になった年齢の平均は「39歳」で、中には「18歳」などかなり若いうちからシワに悩んでいる人もいた。

 また、「あなたは普段、年齢よりも上に見られることが多いですか?下に見られることが多いですか?」の質問には、65%の女性が「下に見られることが多い」と自己評価した。

 シワの予防や改善のために特別な対策やケアを「十分にしている」人はわずか2%にとどまり、52%は「しているが十分ではない」と答え、46%もの人が「していない」と回答した。特別な対策やケアをしている人に具体的な方法を聞いてみると、「お風呂上がりのパック」「エステ」「コラーゲンドリンク」などが挙げられた。しかしこれらの対策でシワに効果があったか点数を付けてもらうと、平均点数は「53点」となり、あまり満足な結果を得られていないことが分かった。

30歳-59歳の女性500人にオンラインアンケートを実施したところ、76%が「顔のシワが気になることがある」と答えた。年代別の割合は、30歳代が74%、40歳代が76%、50歳代が77%と、30歳代のうちからすでにシワが気になっている人が多い。

 シワが気になる部分(複数回答)は、「ほうれい線」(60%)が最も多く、以下「目尻のシワ」(42%)、「目の下のシワ」(32%)、「額のシワ」(29%)、「口元のシワ」(24%)と続いた。初めてシワが気になった年齢の平均は「39歳」で、中には「18歳」などかなり若いうちからシワに悩んでいる人もいた。

 また、「あなたは普段、年齢よりも上に見られることが多いですか?下に見られることが多いですか?」の質問には、65%の女性が「下に見られることが多い」と自己評価した。

 シワの予防や改善のために特別な対策やケアを「十分にしている」人はわずか2%にとどまり、52%は「しているが十分ではない」と答え、46%もの人が「していない」と回答した。特別な対策やケアをしている人に具体的な方法を聞いてみると、「お風呂上がりのパック」「エステ」「コラーゲンドリンク」などが挙げられた。しかしこれらの対策でシワに効果があったか点数を付けてもらうと、平均点数は「53点」となり、あまり満足な結果を得られていないことが分かった。

出典:日経オンライン

これらの数値で見ると、7割を超えるひとが『顔のしわ』に悩んでいることがわかります。

40代からは、おのずと『しわ』の悩みというのが増加してきてしまうということは予想できますが、ちょっと年がまだ若いと思える30代の『しわの悩み』までもが結構見られるのは案外です。

それにしても、悩みをかかえているのに『ケア』をしていない人がメッチャクチャ多いのには驚かされます。

ケアが十分でないひとを合計すると【98%】にもなっちゃいます。


「ほうれい線」のできやすさの程度をチェックするシート

また、日経ヘルス編集部が出している「ほうれい線のチェックシート」の記事も大いに参考になりますので、紹介します。

■ご自分の「ほうれい線」のできやすさの程度をチェックするシート

ご自身の「ほうれい線」のできやすさを確かめてみましょう。

 下記の15の質問にハイ、イイエで回答してしてみてください。確かめたナンバーについての「ほうれい線」ができやすさの要因はあとからご覧に入れます。

貴方はほうれい線ができやすいですか?

1. まん丸顔です

2. ほおは、つまむとポニョポニョと軟らかい

3. ダイエットをして、痩せたり太ったりを繰り返している

4. 洗顔後は、すぐに化粧水をつけないとつっぱる

5. 日焼けしている

6. 猫背気味だ

7. 肩こり、首こりがひどい

8. 口が半開きになりやすい

9. 頭皮を指で揉むように動かしたとき、顔の皮膚が一緒に動かない

10. もの食べるとき、左右どちらか片側ばかりで噛む癖がある

11. 最近、二重あごやエラの張りが気になってきた

12. 目の下の▽ゾーンの毛穴が目立つ

13. パソコン作業が多く、前傾姿勢になる時間が長い

14. 眼が疲れやすい

15. 睡眠中に顔についた枕やシーツの跡がなかなか消えない

 

上記の15の質問で、ひとつでもチェックがついたら要注意。

(出典:日経ヘルス編集部

 次は、自身がチェックした事項について、ほうれい線ができやすい根拠を提示します。

要因を知ることができれば解決策もはっきりとなるでしょう。表情筋は自分で意識して動かせばいくつになっても鍛えることが可能です。

きちんとした方法で問題を解決するようにしましょう。

■チェックがついた人のほうれい線ができやすい理由

●1、2、3、12、13にチェックした方

 1と2に該当する方は、ほおに筋肉が少ないことが原因で、ほおが下方に低下しがちです。3に該当する方は、皮下脂肪が減少して肌がたるみ、それがほうれい線が発生する原因に。13に該当する方は、地球の重力に逆らえずにほおがたるみ、ほうれい線に。12に該当する方はとっくにほおがたるみだしている裏付けです。毛穴が下方に引きずられて目立っている状態です。

●4、5にチェックした方

 4や5に該当する方は、肌の潤いボリュームが少なくて水分がなくなっている。水分が失われた皮膚はこわばって、キメが粗くなり、ほうれい線の溝が著しくなってしまう。

●6、7、14、15にチェックした方

 6と7に該当する方は肩甲骨辺りから僧帽筋(肩から背中にわたっての筋肉)が凝り固まっている。頭、顔、体の筋肉はみんな関連しあっており、これらの筋肉が凝り固まっていると顔の筋肉も硬化しているはず。15は、とっくに顔の筋肉が凝り固まり弾力性が見られない裏付けです。さらに14の眼精疲労は、眼のまわりの筋肉がこわばっており、血液の循環が悪化して発生する。

●8、9、10、11に該当する方

 8の方は、口の周辺の筋肉が弱まりがあり、11はあごの筋力が劣化しているおそれが。口やあごの筋肉が低下するとほおの筋肉を下の方からもちあげられない。さらには、9の方は頭部の肌が硬直してほおの筋肉を上の方から持ち上げきれない。10の方は、顔の左右のつり合いが整わなくなりやすく、こういったこともほうれい線が生まれる要因になります。

女性の顔の悩みのアンケート調査から分ることとは?

ほうれい線ケアの案内嬢2

女性の顔の悩みのトップはシワやほうれい線によるもの、これはアンケート調査結果の中でも明確です。

加齢が原因で生じると思われがちなシワも、しっかりお手入れを行っておけば年齢が上になってもシワがない顔立ちになる、実際50代や60代の女性の中にはシワがほとんどない人もいるので、毎日のお手入れ次第で変わるといっても過言ではありません。


アンケート調査の中でシワが気になる部位は、ほうれい線がトップで目尻・目の下側・額・口元の順になっていて、気になり始めた年齢の平均が39歳などからもお肌の曲がり角と呼ばれている35歳よりも上の年齢になっているようです。

ちなみに、お肌の曲がり角とは何か、なんとなく分るけれども具体的には良く分からない人もおおいのではないでしょうか。

人間の肌は20歳を超えると老化が始まるといわれているのですが、20歳を過ぎると肌のキメの細かさや潤いが少しずつ減少し始めます。

今までは成長段階で潤いのある肌だったものが、老化現象で起きるものであり避けることはできない状態です。


お肌の曲がり方は、急激にキメの細かさや潤いが低下してしまうタイミングで、20代・30代・40代など転換期がお肌の曲がり角と呼ばれています。

キメの細かさがなくなる肌の潤いがなくなると、肌の衰えとしてくすみやたるみが生じてしまいシミやシワが増え始めます。

アンケート調査結果の中でも、顔のシワが気になることがある人は全体の約76%、この中で74%の人が30代の頃にシワが気になり始めたなどの回答をしていることからも、急激に肌のキメの細かさ・潤いが落ちる年齢は30代が一般的です。


しかしながら、40代では76%・50代では77%などのように、肌には個人差があることもアンケート調査の中で分る部分です。

ただ、元々ケアを行っていたので年齢が上になってから気になり始めた人や特別なケアを行っていないけれども、シワやほうれい線が気になり始めたのが40代や50代になってからなど、調査結果の中には両者が含まれていることも把握しておく必要があります。

調査の中ではシワ予防や改善の目的で特別なケアを行っていた人は全体の2%に過ぎませんし、約半数の人はケアを行っているけれどもそれが十分ではないと感じている人も多いようです。

ケアについては満足な効果を期待できない人が全体の半数を占めており、女性の顔の悩みは解決することが難しい印象を持つ人も多いのではないでしょうか。

チェックシートで分析すると何が分かるのか?

ほうれい線ケアの案内嬢3

女性の顔の悩みを解決に導く可能性があるのがチェックシート、15の質問が掲載してありひとつでもチェックが付くと要注意です。

1番目のまん丸顔を除けば何らかの工夫を行うことで改善ができるため、工夫次第ではマークを減らすことができます。

しかし、まん丸顔は骨格が丸いなどからも変えることができない部分です。

このチェックシートはほうれい線ができやすい人の特徴を15の質問でわかるようにしてあるもの、そもそもほうれい線はなぜ起きるのかご存知でしょうか。


一般的にほうれい線と聞くとシワのイメージを持つ人が多いようですが、これは頬の境界線を意味するものでシワとは別物です。

目立つと実年齢よりも老けて見られてしまうなどからも、気になる人も多いようですし、気になり始める年齢も20代の人もいますし、40~50代に入ってからなど様々です。

最近は目立たなくできるケアアイテムが登場していたり、美容皮膚科などではほうれい線除去のプチ整形を行っている病院も少なくありません。

頬の境界線が深くなっているのか否かで目立つか否かが決まるものですが、毎日マッサージを行って目立たなくなったなどの効果を期待できた人も少なくありません。


頬の境界線が目立つようになる理由の中には、頬骨の下に並んでいるリガメントと呼ぶ部分のこわばりが要因している点が挙げられます。

リガメントは靭帯とも呼ばれているもので、筋肉や脂肪・皮膚を引き上げ骨に固定させる重要な役割を持つ組織です。

20代前半頃までは弾力性があり全体的に柔らかいのですが、加齢などにより弾力を失うと硬くなってしまう、皮膚や筋肉を引き上げる力が弱まるため肌のたるみが生じてしまいます。

硬くなったリガメントをマッサージにより柔らかくすることで、ほうれい線が目立たなくなる効果を期待できるなどからも、気になっている人は毎日のケアにマッサージを取り入れては如何でしょうか。

また、マッサージの場合は顔の輪郭などに関係なく効果を期待できるといわれており、チェックシートで自分がまん丸顔でチェックを入れている人でも試してみる価値があるのではないでしょうか。


また、チェックシートにチェックマークを付けた部分は、日常生活で工夫を取り入れることで改善することができる、一つでもマークが付いたら要注意ではあるものの、マークが付いた部分については改善ポイントであると認識、日々の生活の中で改善するように心がけると良いでしょう。

ほうれい線の女性とほうれい線のケアをした女性

このページの先頭へ