日ごろのお手入れでたるみを減らすことができます!!

筋力は顔の運動に限り…筋肉を増加させることで悪化を防ぐ!

ほうれい線の女性

年とともにしわやしみ、そしてたるみは悩みの種になっていきます。

その中でもほうれい線が悩みと言う方も多いのではないでしょうか。

化粧品でうまくカバーしようとしてもなかなか消えないと悩む方も多いはずです。

ほうれい線の原因はズバリ「たるみ」です。

このたるみさえ何とかできればほうれい線の悩みを多少は改善していくことができるかもしれません。

たるみは年齢と共に現れるもので、仕方ないと言えば仕方の無い現象ではありますが、日ごろのお手入れ次第でたるみ具合を減らすことは可能です。

まずたるみは水分やコラーゲンの減少や筋力の低下などが関わっています。

つまり保湿してコラーゲンを摂り、ハリを取り戻しそして筋力を付けてあげればいいわけです。

と、言葉では簡単に言えますがなかなか一筋縄ではいかない現状もあります。

地道な努力にはなりますが日ごろの保湿ケア、そして日ごろの食事の中からコラーゲンなどを摂取するのが最適です。

エクササイズで筋肉を増加…

筋力は顔の運動に限ります。

マッサージも効果的ではありますが、たるみによるほうれい線には筋肉を増加させることで悪化を防ぐことができます。

顔の運動としては「あいうえお」を大きな口をあけて言ってみたり、舌を使って口の中で歯茎を触ったりほっぺたを押す運動を行ってください。

化粧品に頼る前にまずはこれらに注意してみてください。

そして中には、片方だけほうれい線が濃いという悩みを持つ方もいるのではないでしょうか。

片方だけほうれい線が目立つ方は…

そういった方はまず、左右対称を心がけた生活をして見て下さい。

食事の際に右か左のどちらかだけを頻繁に使って噛んでいないか、仕事中やテレビを見ている時などどちらかの手を頬についていないかなど片方だけを使うことが多い場合によく見られる現象です。

ほうれい線が左右非対称である場合には、日ごろの生活の中で左右非対称の動きを探して見て下さい。

ほうれい線を化粧品で消す

そして本題は、このほうれい線を化粧品で消すことです。

まず、メイクをする前にしっかりと保湿をしてあげてください。

そして、顔の運動も忘れずに。

更にマッサージを行うのも効果的です。

これらが一通り完了したら、化粧下地を丁寧に塗り、気になる箇所にはコンシーラーを塗ります。

決してべたべた塗ってはいけません。

丁寧に塗りこみ、最後はたたくように塗って下さい。

そうすることで、不自然なメイクを防ぐことができます。

コンシーラーは、あくまで気になる箇所にのみ塗るというのもポイントです。

片方が気になる方は、どちらかだけに塗りましょう。

厚化粧にならず不自然にならないほうれい線の消し方は、基本的には化粧の前にあります。

様々な方法を試し、自分だけの消し方を見つけてもいいかもしれません。

ほうれい線は日常生活が原因の場合もある

ほうれい線ケアの案内嬢2

年齢を重ねるとともにしわやしみ、たるみなどが肌に出てきてしまい、それが悩みの種になっている人が覆いでしょう。

その中でもほうれい線が悩みになっている、という人が多いようです。

化粧品でごまかそうにもなかなか消えず、どうしたらいいのかわからない、という女性はたくさんいます。

ほうれい線の原因はたるみだと言われています。


つまり、たるみさえなんとかすることが出来ればこの悩みを改善することが出来る可能性があるのです。


たるみは年齢とともにどうしても現れるものなので、仕方がないといえば仕方がないものだといえるでしょう。

しかし、日頃のお手入れをしておくことでそのたるみ具合を減らすことは出来るといいます。


ほうれい線の原因はズバリ「たるみ」です。

年齢に関係なく、たるみの原因には水分の減少やコラーゲンの減り、筋力の低下などが深く関係していると言われています。

つまり、それらを改善することで顔のハリを取り戻し、ほうれい線の薄いたるみのない顔に戻すことが出来るのです。

しかし、言葉では簡単ですが、一筋縄でいかない現状もあります。

コラーゲンを摂取し、ハリを取りも阻止、顔の表面を支える筋力をつけるのは1日程度では成し遂げることは出来ません。

地道な努力を続けることが大切です。

保湿ケアに日頃の食事改善、コラーゲンを積極的に摂取するようにしましょう。


ファンデーションなどでほうれい線を消すことが出来るものも色々とありますが、まずは基礎化粧品をしっかりと使って肌を柔らかく、潤いのある状態にすることが大切です。

保湿が足りない肌は乾燥しているだけではなく、しわが出来やすい状態でもあります。

ですから、まずは保湿をたっぷりとすることで肌の状態を整えて、潤いを保った柔らかい清潔感のある肌にしておくと良いということです。


化粧品でほうれい線をなんとかするよりも、まずは肌の状態を整えてしっかりと潤いを維持した状態にすることで、しわやしみなどを消す化粧品の効果をアップさせることが出来ます。

もちろん、あまりにもひどい場合は医者の治療を受ける必要があるかもしれません。

医師の診断次第では、肌を改善することが出来るようになります。

消えないほうれい線などは、レーザーなどを利用することで少しでも改善出来るよう、医師がしっかりと考えてくれるので、安心して任せて大丈夫です。

クリニックによっては日常のケア方法のアドバイスもくれるので自分でも改善していくことが出来ます。

化粧品の選び方と使い方

ほうれい線ケアの案内嬢3

顔の筋力が落ちることで出来るほうれい線の場合、表情筋を鍛えることで改善することが可能です。

マッサージをするのもいいですが、たるみによるほうれい線の場合は筋肉を増やすことで悪化をしないようにすることが可能です。

顔の運動ならあいうえおと大きな口をあけて言うだけでもいいですし、舌を使って口の中で歯茎を触る、ほっぺたを押すなどの運動を行うだけでも効果があります。

化粧の効果に頼るのもいいですが、その前にまずはこれらに挑戦してみることをおすすめします。


ほうれい線が気になるという方の中には、片方だけほうれい線が濃いという悩みを持つ方もいるでしょう。

片方だけほうれい線が目立つという方は、まず日常生活で左右対称を心がけた生活をして見ると良いです。

食事をするときに、右左のどちらかだけを頻繁に使って噛んでいたり、仕事やテレビを見ている時にどちらかの手を頬についているなど、片方だけを使うことが多い場合にこのような状態が考えられるということです。

ほうれい線が左右非対称で悩んでいる方は、毎日の生活で左右非対称の動きをしていないかを考えて、そこから改善していくのもいいです。


化粧品を使うなら、コンシーラーを利用してほうれい線を薄く見せるということも可能です。

しかし、気になるからといってほうれい線を消そうと濃くつけすぎてしまうとかえって目立つようになります。

そのようなことがないように、きちんと肌を整えることからはじめることが大切です。


ほうれい線が気になる人はついそこばかりを気にしてしまいますが、まずは顔全体を見てみることをおすすめします。

そのときの顔の状態を確認し、肌の状態を確かめてみるとどこを改善していけばいいのかを知ることが出来ます。


また、基礎化粧品を選ぶときはほうれい線の原因に多い、乾燥とハリ不足を改善出来る成分が含まれているものを選びましょう。

コエンザイムQ10やセラミド、ヒアルロン酸やコラーゲンといったものが含まれている化粧水や乳液、美容液などを使うことで少しずつ外側から肌を変えていくことが出来るようになります。


夜寝る前にマッサージやパックをするのもいいです。

ナイトクリームを使うのもハリと乾燥を補う効果が高くなります。

ナイトクリームの中には、マッサージをすることが出来る種類もあります。

もしそのようなものを使うなら、強くマッサージをするのではなく、優しく丁寧に行った後、手のひらの体温できちんと肌に浸透させましょう。

このページの先頭へ