乾燥肌になると肌にうるおいが不足して、弾力不足に…

ほうれい線の女性

年齢を感じさせる肌の要因の1つにほうれい線があります。

これがあるだけで他の部分がきれいな肌でも老けて見えるので注意が必要ですし、女性の大きな悩みにもなっています。

ほうれい線は加齢とともに出やすくなるのは事実ですが、20代の若い年齢でも目立つ方はいます。

単純に年齢だけではない原因が潜んでいるのです。


ほうれい線は肌の弾力やハリが失われてきた時に、重力に逆らうだけの力がなくなり垂れてきてしまうことで出てきます。

頬っぺたの部分はあまり実感がないかもしれませんが、しっかりと筋肉があり、それに付随してついている肌細胞や肌組織もたくさん存在します。

そのため、肌の質が低下すると変化が目立ちやすくなってしまうのです。

しかし、逆に言うとしっかりとケアしてあげると、改善することができるので諦める必要はありません。


ほうれい線の目立つ原因にはいくつかあります。

まずは頬っぺたの筋肉が弱まってしまっていることがあります。

筋肉は肌を引き上げるような糸の役目をしますので、これがなくなり脂肪となってしまえば支えるものがなくなりますので垂れてきます。


さらにもう1つ大きく関係してくるのが乾燥肌です。

乾燥肌は肌のいろいろなところでトラブルのもとになることはご存知だと思いますが、ほうれい線の原因にもなります。

乾燥肌になると肌にうるおいが不足して、弾力不足になります。

肌の細胞や組織は多くが水分を抱え込んでいます。

この部分が不足するとしぼんでしまい、細胞単位からスカスカ状態になってしまうのです。


また、細胞と細胞、組織と組織の間をくっつける部分も潤い成分が存在します。

よく耳にするコラーゲンやヒアルロン酸なども一役買って、細胞同士、組織同士の間に入ってクッション役をしてくれています。

この部分に十分な水分があれば柔軟で弾力が保たれますが、乾燥肌の場合は弾力がなく、へこみやすくなるのでシワとなりやすくなります。

このへこみが常態化してしまうとやがてシワとなり、ほうれい線へと固定されていますのです。


乾燥肌の場合は肌に潤いが足りずに、いろいろなところで抜けた水分のスペースが空洞になってしぼんでしまいます。

すると、そこがへこみのシワになってほうれい線へと変わってしまいます。

乾燥すると肌の機能が低下するため、巡りも悪くなり老廃物が血管などに溜まって、その重さで頬っぺたが垂れてしまうこともあるので、一つも良いことがありません。

しっかりとケアして乾燥からお肌を守りましょう。

乾燥肌が肌トラブルの引き金となる

ほうれい線ケアの案内嬢2

乾燥肌は水分が不足しており、肌が痩せ細っている状態にありますので、弾力性のある肌よりほうれい線が目立つのは間違いありません。

カサカサ肌に触れるとわかりますが、肌の保水力が弱くなっているでしょう。

十分に保水された肌はプルプルとして弾力性があるので、ほうれい線は非常に目立ちにくくなっています。

これはほうれい線に限ったものではなく、通常のしわ・しみなども目立ちやすいです。

もともと顔の皮膚は敏感であり、外的刺激に極めて弱くなっています。

すぐに乾燥したり敏感になったりしますので、しっかりとメンテナンスをする必要があるわけです。


年を重ねればほうれい線がある程度目立ってくるのは仕方ありませんが、まだ若いのに深くなってきた場合は注意してください。

肌質に問題があると深くなることが多く、最大の原因は乾燥だと言われています。

乾燥している状態は肌に多くのダメージを与えますし、水分をさらに奪うことになります。

乾燥するほど乾燥肌を促進する悪循環になりますので、まずは保湿することが重要です。

かゆみや炎症が生じることが増えてきたら、慢性的な乾燥肌を疑ってみてください。


肌トラブルが発生する前には、肌状態が不安定になることが多いです。

炎症やニキビが頻発する状態も肌が弱っていますので、スキンケアを見直しする必要があるでしょう。

スキンケアと言えば化粧品による手入れを連想するかもしれませんが、肌によい習慣はすべてスキンケアです。

冬場になると肌にかゆみを感じる人が増えてきますが、これは暖房器具の使用によって部屋が乾燥するためです。

加湿器を使用するだけで肌乾燥を予防でき、ほうれい線が目立たなくなったという人は少なくありません。

就寝中は発汗によって肌水分が失われやすいため、加湿器で部屋を適度にうるおしてください。


室内が乾燥していると喉に不快感を覚えることが多いです。

粘膜は皮膚と比較しても繊細でダメージを受けやすく、痛みや炎症を発生させやすいです。

喉がすぐに痛くなる室内環境で生活している人は、肌にもよくないと考えてください。

高温多湿の状態は発汗を増やして雑菌増殖を促すデメリットがありますが、乾燥している状態はさらに肌に悪いです。

指先がカサカサになる状況は、顔も乾燥している可能性があります。

身体の乾燥に対して敏感になることが、老化防止やアンチエイジングのために大切です。

肌は生活環境が作り出すと認識し、部屋の湿度調整はしっかりと行ってください。

乾燥肌の原因には意外な習慣が関係している

ほうれい線ケアの案内嬢3

乾燥肌は内側からケアすることで、解消できる場合が少なくありません。

ほうれい線対策用のスキンケアを使用しても消えないという人は、良質の水分を補給してみましょう。

ミネラルウォーターやノンカフェインのお茶などは、身体に水分を与えるために最適です。

冷水は胃腸を冷やしてしまうので、体温程度にして飲むのがおすすめです。

冷たいジュースばかり飲んでいる人は、身体を冷やす原因になるので注意してください。

ジュースにはたくさんの糖分が含まれていますので、肌の糖化を促進することにもなります。


過度のダイエットをしている人はほうれい線ができやすいですが、これは皮脂不足がひとつの原因です。

皮脂は肌表面をコーティングする作用があり、紫外線から守ってくれるのです。

紫外線に負けない肌を手に入れるためにも、良質の油を摂ることが大切になります。

亜麻仁油やエゴマ油などは美肌に最適な油であり、動物性脂肪やコレステロールなどを減らすために役立ちます。

油はすべて身体に悪いわけではなく、乾燥肌の解消に役立つ油もあるのです。

サラダ油に関しては摂りすぎると生活習慣病を促進するので注意してください。


乾燥肌を解消するためには、適正体重を維持するのがポイントです。

痩せすぎていても太りすぎていても肌にはよくありません。

元気な肌に変えるためにも、身長に見合った体重に調整しましょう。

肥満の人は解消していく必要がありますし、痩せすぎている人も筋肉と脂肪をつけていきます。

筋力が低下してくるとほうれい線が目立ちやすくなるので、特に痩せすぎには注意してください。

新陳代謝を活性化させることにより、肌は次第に元気になっていきます。

筋肉を増やすことは代謝の促進につながり、肌のリフトアップ作用を高めてくれます。


リフトアップを意識したスキンケアはほうれい線を消すために効果的です。

乾燥肌に悩んでいる人は良質な油分とタンパク質が不足している可能性があります。

これらを食生活で補っていくことで、ハリを促して肌トラブルの目立ちにくい肌に変えてくれるのです。

モチモチとした弾力性のある肌は、見た目未満に見せるメリットがあります。

慢性的な乾燥肌に悩んでいる人は、日常の意外な習慣が原因になっていることが多いです。

乾燥させない肌を手に入れるためにも、不規則な生活習慣を紙に書き出してみましょう。

悪習慣を改善していくことで弾力性のある肌に変えられるかもしれません。

このページの先頭へ