なぜ、ほうれ線と呼ぶのでしょうか?その語源と由来は?

言葉そのものの由来は、中国の面相学からきている…

ほうれい線ケアの案内嬢

エイジングサインとしても気になるほうれい線ですが、そもそもこの言葉はどういった語源なのかと疑問に思ったことはありませんか。

思ってもみなかったという方もいるかもしれませんが、この言葉は中国の面相学からきています。


goo辞書によると…

人相学(観相学)で鼻唇溝(びしんこう)のこと。 [補説]語源未詳。中国の面相学では法令紋という。また、長寿のしるしとして豊齢線、豊麗線とも書く。

とあります。

要するに、ほうれい線の語源は、中国の面相学で使われている法令紋が由来です。

法令線と同じ意味ですが、ヒトの鼻の両脇から唇の両端に伸びる2本の線のことです。

しわとは異なり頬の境界線のことを示します。

ほうれい線はシワの一つだと思っていた方も多いと思いますが、実は境界線のことでシワとはまた違ったものです。


当て字ではありますが、中国では豊麗線、豊齢線と記載されることもあります。

ちなみに医学用語ですと鼻唇溝(びしんこう)と呼ばれます。

この線がくっきり目立つと5歳から10歳ほど老けて見えてしまうのは、老化現象の表れであることも意味しますし、逆にほうれい線対策を行うことで若々しい印象を手に入れることもできるということになります。

ウィキペディアなどでも、中年期以降に目立ち始めることが多く、若年期までは目立たない人もいると記載されていることからも、老化現象の一つだということがわかります。

語源はそこまで深いものではありませんし、中国の人相学でも使われている用語です。

中国の人相学では、豊麗線と書かれることもあります。

豊かに年齢を重ねる線という意味になりますが、人相学的なところでは吉の相だともいわれます。

もちろん美容のことで考えた時にはデメリットでしかありませんし、アンチエイジングをしたいのであれば対策を考えることが必要です。

■ ウィキペディアの記述 ■

ほうれい線(ほうれいせん、漢字表記:豊麗線、法令線、豊齢線[1])とは、ヒトの鼻の両脇から唇の両端に伸びる2本の線。しわでは無く、頬の境界線である。

語源は中国の面相学における「法令紋」に由来する。「豊麗線」、「豊齢線」は当て字。「頬齢(ほおれい)線」という表記も見られるが、語源的には誤りである。英語では Nasolabial fold と言う。

医学関連分野(美容外科学も含む)の専門用語では鼻唇溝(びしんこう。英語:Nasolabial Fold)と呼ばれる。

主に加齢によって中年以降に目立ち始めることが多く、若年期までは目立たない人もいる。ほうれい線の深さは見た目の年齢を大きく左右する。

で、なんでこのシワをほうれい線と呼ぶのかについては、別の説もあります。

東洋医学の先生は、骨盤の異常を見分けるのに、顔のシワをみて診断したそうです。

骨盤ば曲がってまっすぐに歩けないヒトは、シワの左右の太さや長さが違う…つまり、「法令を守れないヒト」。

逆に、シワが左右対称なヒトは「法令の線をまっすぐに生きるヒト」。

このように例えて、このしわを「法令線」といったのが始まりだそうです。

また、ほうれい線は、豊麗線と表記されることもあります。

これは、豊かに歳を重ねることで目立ってくる線…という意味で、人相学的には吉の相だといわれています。

でも、このほうれい線、美容の面で言うと、ちょっと違ってきます。

豊かに歳を重ねることはいいことですが、モロに歳が顔に表現され、あるのとないのでは、見た目年齢に大きな差が生まれます。

一説では、ほうれい線が深く目立ってくると、5才~10才、老けて見られる…といわれています。

だから、女性の悩みの中でも、このほうれい線の悩みがいつもトップクラスにきていることに、ヘンに納得がいきます。

何とか解消したい、目立たなくしたい…そして、少しでも若く見られたい…この願望は、ほとんどの女性が歳を重ねると意識するものです。

解消法は、いろいろあります。

頬の筋肉を刺激するエクササイズも、いろんな方法が紹介されています。

でも、普段忙しくて特別にケアできない方には、化粧品によるほうれい線の解消法があります。

最近では、ほうれい線の原因とメカニズムの解明によって、効果的な化粧品が数多く販売されています。

自分の肌にあった効果的で安全な化粧品を選んで、こまめにケアすることがポイントです。

リフトアップすることがカギ

ほうれい線ケアの案内嬢2

とにかくアンチエイジングをするのであれば、リフトアップすることがカギとなります。

コラーゲンの減少が30代後半から進みますので、保水力の低下がみられます。

保水力がないキメの荒れた肌は、水分を補給してあげてももれてしまって十分に水分を保つ事が出来ません。


そのためお肌はしぼんできますし、同時に表情筋というお顔の筋肉が老化する事で垂れてしまいほうれい線が出来るというメカニズムです。

ですからコラーゲン生成を促進させることと、保湿成分を補ってあげるスキンケアを行うことがポイントです。


お肌の老化現象は、見た目の年齢も大きく左右しますし若々しくいたい方はエイジングケアの対策を整えていきましょう。

ターンオーバーといって肌の新陳代謝のサイクルも行われますが、その機能も遅れがちになることで、角質が固くなり美容成分が浸透しづらくなることも関係します。

ターンオーバーを促進できるようなプラセンタ、また美容皮膚科や個人輸入で手に入れる事が出来るトレチノインなどを使って新陳代謝を活性化させてあげるのもおすすめです。


40代頃からどんどん目立つほうれい線は、早い段階からケアを始めればエイジングサインも遅らせる事が出来ます。

基本的は加齢が一番大きな要因

ほうれい線ケアの案内嬢3

なぜこのやっかいな線が出来るのかというと、基本的は加齢が一番大きな要因です。

年齢を重ねる事でお肌のコラーゲン量が減少し、保水力の低下で乾燥し、表情筋の衰えなどもありたるんできます。

一般的なシワは乾燥が主な要因ですが、ほうれい線に関しては乾燥だけではなく筋力の低下も関係します。


また喫煙によるビタミンCの減少や血行不良、バランスの偏った食事、睡眠不足、運動不足、紫外線の影響もあります。

年齢を重ねるうえに様々な要因があって、ほうれい線となります。

同じ年齢でもこの線が薄い人とくっきりしている人では、見た目の年齢も随分違ってきますし、下手をすれば10歳近く違ってみることもあるでしょう。


アンチエイジングで美魔女を目指したい方は、表情筋のトレーニングをすべく舌回しをするのがおすすめです。

やり方はとても簡単ですし道具も使いませんしお金もかかりません。

口を閉じた状態で前歯の外側を1周舌をつけるようにしてぐるぐると回す動きを20回、逆回しに20回という1セットを1日2~3回行うだけです。


最初は非常にしんどく感じるかもしれませんが、それは普段その部分の筋肉を使っていないからです。

慣れてくる頃には表情筋もハリが出てきてリフトアップ効果も得られますので、ほうれい線が目立たなくなっているでしょう。


美肌のためにヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドといった美容成分の配合された化粧品を使うことも大事ですが、内側から根本的に鍛えてあげる事でだいぶん違ってきます。

またコラーゲンは外側からだけではなく、こちらも自分の力で生成を行っていますのでそれを促進する事を考えるのも重要です。


コラーゲン促進が期待できるのは、トレチノインという薬を使ったり、ビタミンA(レチノール誘導体)が配合されている化粧品を使っていくこともおすすめです。

内側から保水力を高めておけば、水漏れすることなく化粧水や美容液の有効成分をしっかりと浸透させることが出来ます。


様々なスキンケアの方法がありますし、選ぶ化粧品次第でほうれい線のケアや予防を行えます。

自分に合った方法を選択して継続していきましょう。



このページの先頭へ