紫外線対策は、若いうちから怠らないようにしましょう!

やがて、ほうれい線の原因になってきます。

ほうれい線ケアの案内嬢

肌トラブルの原因は、昔は加齢がいちばんの原因だと言われていました。

つまり加齢により肌機能が低下して、それによる老化現象の一環として、ほうれい線などの肌トラブルが引き起こされると言う考えが一般的だったと言うことです。

しかし研究が進むにつれ、実は加齢以上に紫外線によるダメージが最たる原因であると言うことが明らかにされ、現在ではこの説が一般的だとされています。


紫外線は、主にふたつの種類に分類されます。

ひとつは紫外線B波で、これは波長が短い代わりにエネルギーが強いと言う性質を持っています。

そのため、短時間で肌の表面を焼き、そのダメージによってメラニン色素を過剰に分泌されることから、シミや色素沈着の原因になる紫外線です。

そしてもうひとつが紫外線A波で、こちらはエネルギーはそれほど強くないものの、波長が長いと言う性質を持っています。

そのため、B波とは異なり、肌の奥深くにまで到達し、肌の成分を破壊する紫外線と言うことができます。


肌の奥深くには、肌の弾力を構成しているコラーゲンやエラスチンと言った成分が存在しています。

そのためA波を無防備に浴び続けると、それらの成分が破壊されてしまい、結果として肌弾力が著しく低下してしまうこともあります。

その結果として発生する肌トラブルのひとつが、ほうれい線です。


ですから見た目年齢を実年齢以上に押し上げて見せるほうれい線を予防するためには、A波に対する防御を徹底する必要があります。

A波は、浴びてからすぐにそのダメージが出てくるのではなく、成分を破壊すると言う特性上、浴びてから数年後、長い場合には十数年後にダメージが出てくるのが特徴です。

よって若い人でも、若いから大丈夫と紫外線対策を怠っていると、年齢を重ねていくたびに肌たるみが酷くなり、やがてほうれい線が刻まれると言うことにもなりかねません。

そして一度、発生してしまった肌たるみやほうれい線を改善するのは、決して簡単なことではありません。

ですから若い内から、紫外線対策を徹底することが重要です。


その対策として最も効果的なのは、年間を通して日焼け止めを使用することです。

日焼け止めには、その防御力を示す表記がされています。

この内、A波に対する防御力の強さを示すのはPAと言う値です。

PAの後には+のマークが続きます。

その数が多ければ多いほど、A波に対する防御力は強いと言うことですから、夏場や日中、長時間、野外で活動をする時などは、できるだけこの数が多い物を使用するのが望ましいです。

未来の肌トラブルを防ぐためには、今の紫外線を防ぐことが重要です。

紫外線は肌に大きなダメージを与える

ほうれい線ケアの案内嬢2

私たちは日常の中で多くの紫外線を浴びてしまうことになります。

太陽が出ている日はもちろん意識することが多いですが、そうではない曇りの日なども降り注いでいることは意外と知られていません。

また、場合によっては室内にいても紫外線を浴びてしまうことになります。

特に対策をしないでいると、思わぬ影響が出てくることがあるのです。


特に肌については直接紫外線にさらされることが多いので、ダメージを受けることが多くなります。

乾燥を進ませてしまう事で、肌にしわなどが発生することがあります。

日焼けをすることでそれがシミとなって残ってしまう事もあるのです。

こうして肌の老化が進んでいってしまうことがあります。

もちろん加齢によって出てくるシミやしわもあるのですが、それだけではなく日常浴びてしまっている紫外線,原因であることが多いのです。


特にほうれい線などにその影響が強く出てくることがあります。

濃くなると老けて見えることが多く、出来るだけ目立たないようにしたいものですが、肌の状態によってはほうれい線がはっきりとして、影なども出やすくて目立ってしまうものです。

一度深いほうれい線が出来てしまうと、それを直すという事は難しいです。

メイクで隠そうとしても、凹凸が深いうえ、良く動くところなのでファンデーションなどもよれてしまいがちになります。

隠しにくいポイントでもあるのです。

そのため、ほうれい線が気になってしまうという事も多くなってきます。

できてしまってからの対策を考えるのではなく、出来る前にどのように防いでいくかということが大きなポイントとなってくるのです。

そのためには原因となる紫外線はしっかり防いでいくということが必要になるでしょう。


ほうれい線はもちろんですが、その他の肌トラブルを防ぐためにも紫外線対策を行うという事は有効なことと言えます。

肌のシミなども年齢を感じさせてしまう原因となりますし、ほうれい線以外のしわも老けて見える原因となってしまいます。

また、肌荒れなどを起こせばその影響はしばらく残ります。

大きなシミとなってしまったり、顔色をくすませてしまう原因ともなりかねないのです。

紫外線を浴びてしまう事によってこれだけ多くの影響を肌が受けてしまうことになりますから、ぜひ日常の中から対策をとって、トラブルを防いでいくようにしましょう。

予防をしていくことが何よりの美容につながっていくことになります。

若いうちから紫外線対策を

ほうれい線ケアの案内嬢3

ほうれい線や肌の状態が気になってきてから紫外線対策をしようとしても、すでに多くのダメージを受けてしまっていては効果が出にくくなってしまいます。

若いうちから気を遣っていくことで、ダメージをできるだけ受けないようにして、肌への影響をおさえていくことも出来るようになるのです。

思い立った時点から紫外線への対応という事を考えておきましょう。


まず取り入れたいのが日焼け止めです。

外出する時などは強い紫外線にさらされがちです。

アウトドアレジャーなどの際には強力な日焼け止めが必要でしょう。

街を歩くときも紫外線を受けることが多いので、適度な強さのものを取り入れましょう。

紫外線カット効果が高いとそれだけ肌への負担も大きくなりがちですから、常に強いものを使うという事ではなく、使い分けをしていくことが肝心です。

化粧下地やファンデーションなどに紫外線カット効果がある物を利用するという手もあります。

化粧品を選ぶ際にぜひ紫外線のことも頭に入れて考えておきたいところです。


外出しない時でも、家にいるときに紫外線を浴びるという事も多いものです。

ちょっと洗濯物を干す時に外に出るというときはもちろんですが、窓際で日差しを浴びてしまうというときにも紫外線の影響を受けていることがあります。

この時に何もしていないとそのままダメージが蓄積してしまいますので、肌に優しい日焼け止めなどを取り入れていきましょう。

日常的に使うようにすると効果的です。


日焼け止め以外の対策も併用していくようにするとより効果が発揮できます。

日差しの強いときなどは露出の多すぎる服は避け、出来るだけ日差しを受けないようにするのも良いです。

帽子や日傘などを使う事で紫外線の影響を防ぐことが出来るという事もあります。

日焼け止めだけでは止められない日差しをこうした形で遮っていくようにしましょう。

それに加えて、家の中にいるときに紫外線をできるだけ受けないようにするため、窓に紫外線カットフィルムなどを貼っておいたり、紫外線カット効果のあるレースカーテンなどを取り入れたりするという形で対策をとっていくことも出来ます。


日常的に日差しを浴びているからこそ、意識して対策をとっていくことが必要です。

一つだけの方法では十分でないこともあるので、複数の方法を利用して紫外線から自分自身の肌を守っていくようにしましょう。

それが肌の若々しさを保っていくためのコツと言えます。