ほうれい線が目立つのは肌の乾燥とたるみが関係!

しっかりと保湿対策をすることが大切

ほうれい線ケアの案内嬢

ほうれい線は誰にでもあるものですが、年齢を重ねるとシワのように深い溝になり、老けて見えさせる原因となります。

年齢を重ねるに従い、ほうれい線が目立つのは肌の乾燥とたるみが関係しています。

特に、年齢が若いにもかかわらず、小鼻の外側から口の両脇にラインが目立つ人は、たるみではなく乾燥が原因と考えられます。

肌の保湿は美肌を作る基本となるため、ほうれい線対策としてまず最初に抑えておく必要があります。


肌が乾燥するのは、角質層に適度な水分量が蓄えられていないからです。

角質層内の水分量は、セラミドを中心とした細胞間脂質・NMFとも呼ばれる天然保湿因子・皮脂の3つによって支えられています。

このうち水分保持力が最も高いのは細胞間脂質で、角質層の水分量のうち8割以上を占めています。

そのため、みずみずしくふっくらとした肌を保つためには、細胞間脂質が重要な役割を担っていると言うことができます。


しかしながら、加齢によって細胞間脂質も天然保湿因子も減少するため、角質層内の水分量も減少し、乾燥をまねきます。

かさついた肌には、ふっくら感や弾力がないため、結果としてほうれい線のラインが深く刻まれてしまうことになります。

また、肌の乾燥はターンオーバーを衰えさせるため、コラーゲンが生成されずにたるみにつながることも想定されます。

さらに、細胞間脂質などが少なくなると、バリア機能が低下し、肌がダメージを受けやすくなります。

真皮にまでダメージが達すると、肌を支える力が弱くなり、たるみやすくなります。


このように、肌の乾燥はたるみを引き起こし、ほうれい線を目立たせるため、日頃のスキンケアでしっかりと保湿対策をすることが大切です。

保湿ケアと言うと、化粧水をたっぷりつける方法を思い浮かべる人は少なくありませんが、肌は水分を与えても潤いません。

潤いのある肌を作ることができるのは、保湿成分です。

数多くある保湿成分の中でも、特に優れているのがセラミドです。

セラミドは角質層内に存在している細胞間脂質で、水分をしっかり挟み込むため、高い水分保持力があります。


セラミドにもいくつかの種類がありますが、一番のおすすめはヒト型セラミドです。

浸透性と保湿性に優れ、肌になじみやすいため、安全に使うことができます。

ただし高価なので、化粧品を全てセラミド配合に揃えるのが難しい場合は、美容液だけでもセラミド配合の保湿を目的とした化粧品を選ぶようにしましょう。

美容液は有効成分が豊富に含まれているので、高い効果が期待できます。

セラミドほどの保湿効果はないものの、ヒアルロン酸も肌に優しいのでおすすめです。

ほうれい線が濃くなってきたのは加齢による乾燥のせい

ほうれい線ケアの案内嬢2

口元のほうれい線は個人差はあれど、誰もができるシワです。

若いうちから気になる人もいますし、加齢により、徐々に気になってきた人もいるでしょう。

そのほうれい線の原因は「乾燥」からくるものなんです。


歳をかさねていく毎に肌は乾燥してくるものです。

その原因は細胞間脂質が減少することにより、肌の水分が失われていきます。

肌の水分がなくなれば、かさつき、乾燥し、たるみもでてきます。

若い頃のような弾力とハリのある肌とはまるで違いますよね。

とはいえ、ほうれい線は「しわ」とは違います。


しわのように見えますが、ほうれい線は「たるみ」です。

口もとのたるみが濃くなり、影ができ…気になるころには濃いほうれい線となってしまいます。


実際、ほうれい線は20代のころから現れはじめているといいます。

あまり気にしないのは自分では気づかないからです。

ほうれい線は鏡で真正面から見るだけでは分かりにくいもの。

他人が横や斜め方向から見た時に気づきます。

口元のボリュームがどんどん変わってきます。

口元を見ればその人の年齢もおおよその予想がつきますよね。

同じく、自分も他人から見えている部分は違うはず。

2

0代の頃の自分の口元と今とではたるみが違うでしょう。

そのたるみがほうれい線へとつながっているのです。


それを改善するためにはしっかりとした肌へのケアが大切です。

化粧品を少し変えていくことでほうれい線の濃さは薄まる可能性があります。

ほうれい線の撲滅に1歩近づけます。


また、細胞のせいだけでなく、筋肉のバランスの崩れや表情筋の衰えも原因の一つです。

年齢を重ねるにつれ、表情筋も動かす筋肉、動かさない筋肉がでてきます。

動かさなければ筋肉も衰えますよね。

そのアンバランスな筋肉ができることにより、ほうれい線にも影響がでてきます。

いつも同じ筋肉ばかりを動かしていてはダメです。

口の周りの体操も大事。

まんべんなく筋肉を働かせましょう。


お腹のたるみも実はもう一つの原因かもしれません。

皮下脂肪が多くなることで美肌因子であるアディポネクチンも分泌されにくくなります。

皮下脂肪を増やしすぎれば、美肌因子も働きません。

真皮の状態をよくしたいのなら、皮下脂肪にも気を使ってみるといいでしょう。


様々な原因は考えられますが、ほうれい線を撲滅させたいのなら、それぞれ試してみましょう。

肌のケアや口元のストレッチ、そして皮下脂肪を減らすこと。

すべて一度にというのも大変でしょうが、できることから少しずつ試してみて下さい。

セラミドの保湿ケアでほうれい線を撲滅しよう

ほうれい線ケアの案内嬢3

ほうれい線を撲滅させるためには、保湿成分を与えることです。

肌へのケアで濃くなってしまったほうれい線を薄くしましょう。

とはいえ、化粧水をつけても保湿はされませんので注意が必要です。


ポイントは「セラミド」という成分を与えることです。

セラミドの保湿成分は特に優れており、水分をしっかり挟み込み、保持してくれる働きがあります。

高い水分保持力でうるうるの肌が取り戻せることが期待できます。


セラミドという言葉もよく耳にする通り、美容液の成分によく含まれいます。

パッケージの裏を見て、セラミド配合の化粧品かどうかをしっかりと確認して、選び取りましょう。

とくに美容液に含まれていることが多く、量も豊富に入っている場合が多いです。


セラミドをしっかり肌になじませ、肌のハリをとりもどしてください。

可能なら、「ヒト型セラミド」と表記されているものを使ってみて下さい。

浸透力・保湿力が優れています。

その代わり、価格が高めです。

それでも高い効果も期待できますからおすすめです。


また、セラミド以外にも保湿力の高い成分はあります。

ヒアルロン酸、コラーゲン、天然保湿因子(NMF)、レシチン、ヘパリン類似物資、エラスチン、コラーゲンなどがあたります。


保湿する時の手順は、「化粧水→美容液→乳液→クリーム」の順序で肌につけてくださいね。

ただ、クリームは夏場は使わなくていいと思う人も多いですが、それがまた乾燥肌を招きます。

乾燥しない季節とはいえ、ケアはしっかりと最後まで完了させましょう。


ケアは怠らないのがほうれい線撲滅するためには必要な手順です。


クレンジングで化粧を落とす時にも注意が必要です。

ゴシゴシと肌をこすりながら落としていませんか?オイルクレンジングなどの強いクレンジングを使っていませんか?


クレンジングのおすすめはクリームタイプです。

クリームで優しくキレイに落としましょう。

取り残しはないように念入りに。

ファンデーションが残らないようにしっかり、そして優しく落としましょう。

クレンジング一つでも乾燥の原因となっています。


クレンジングでしっかりと落とすこと、それからセラミドなどの成分が配合されたものを肌に浸透させることでほうれい線の改善になるでしょう。


加齢とともに失われた乾燥をとりもどして、美肌を手に入れて下さい。

たっぷりの保湿で蘇るものです。

面倒に思わず、根気強くアンチエイジングをはじめましょう。

このページの先頭へ