ほうれい線は、なぜできるのですか?原因は何ですか?

老け顔にみえるNo.1のほうれい線ですが、その解消のためにも、どうして出来るのか、調べてみました。

ほうれい線ケアの案内嬢

ほうれい線は、美容の悩みの中でもトップクラスの悩みで、老けて見える顔…いわゆる老け顔No.1といわれています。

そして、その解消のためのいろんなやり方…エクササイズ、スキンケア、化粧品、エステ、美容整形 …が紹介され、悩んでいる方は、藁をもつかむ思いで、いろいろ試しておられます。

そんなほうれい線の悩みを解消するためには、その原因、なぜ出来てくるのか?について、よく知ることも大切です。

そこで、なぜほうれい線ができるのか?その原因について、色々と調べてみました。

そもそも、ほうれい線とは?

ほうれい線とは、一体何者なのか…その意味を調べてみると…。

ウィキペディアによりますと…

ほうれい線(ほうれいせん、漢字表記:豊麗線、法令線、豊齢線)とは、ヒトの鼻の両脇から唇の両端に伸びる2本の線。しわでは無く、頬の境界線である。
語源は中国の面相学における「法令紋」に由来する。「豊麗線」、「豊齢線」は当て字。「頬齢(ほおれい)線」という表記も見られるが、語源的には誤りである。英語では Nasolabial fold と言う。
医学関連分野(美容外科学も含む)の専門用語では鼻唇溝(びしんこう。英語:Nasolabial Fold)と呼ばれる。

とあり、概説では…

主に加齢によって中年以降に目立ち始めることが多く、若年期までは目立たない人もいる。ほうれい線の深さは見た目の年齢を大きく左右する。

と述べています。

そして、一般的には、

頬がたるんだ重みによって、小鼻から口もとにかけてできるしわのこと。鼻から口角にかけてのライン鼻唇溝(ほうれい線) 。
【美容整形用語集(高須クリニック)】

といわれているようです。

ほうれい線ができる原因…

ほうれい線ケアの案内嬢2

ほうれい線は、美容の悩みの中でもトップクラスの悩みで、老けて見える顔…いわゆる老け顔No.1といわれています。

そして、その解消のためのいろんなやり方…エクササイズ、スキンケア、化粧品、エステ、美容整形…が紹介され、悩んでいる方は、藁をもつかむ思いで、いろいろ試しておられます。

そんなほうれい線の悩みを解消するためには、その原因、なぜ出来てくるのか?について、よく知ることも大切です。

先に調べましたように、ほうれい線は厳密に言えばシワではなくて、鼻から口角にかけてのライン…いわゆる鼻唇溝と呼ばれる溝です。

ほうれい線のイメージとして、年令を重ねて年をとると現れてくるものというイメージが有りますが、本当は、若い人も、赤ん坊も同じくほうれい線を持っているのです。

ただ、若いころは、この溝が浅いので、ほとんど目立ちませんが、年をとるに従って、溝が深くなって目立ってくるのです。

だから、ほうれい線ができる…というのは正確ではなく、元々あるものが目立ってくる…というのが正確です。

ですので、ほうれい線の原因はなにか?といえば、この鼻唇溝をより深くして、見た目で目立つようにする要因はなにか?…ということになります。

原因その1…頬の筋肉の衰えによる「たるみ」による

ヒトはどうしても加齢によって体の機能が低下してきます。

頬の筋肉も例外ではなく、年齢と共に、頬を引き上げ、表情筋やお肌を土台から支える筋膜が衰えてきます。

そうすると、頬の脂肪が下に落ちることで、重力に負けてたるみがでて、溝が深くくっきりとした線となって表れ、ほうれい線が刻まれていきます。

原因その2…肌の乾燥や紫外線によるハリ・弾力の低下による

肌が乾燥すると、肌表面(表皮)の保湿力や抵抗力が低下し、オーバーターン(肌の生まれ変わり)が乱れ、肌のハリや弾力が失われます。

また、紫外線によるダメージで、コラーゲン線維やエラスチン、またそれをつくりだす細胞が傷つき、生成が減少していきます。

その結果、ハリ・弾力が失われ、肌のたるみを生じます。

原因その3…生活習慣の乱れによる

近年では、若年層にもほうれい線の悩みがでてきています。

その原因と思われるものに、日頃の生活習慣のみだれ…過度のストレス、喫煙、睡眠不足、偏った食事、暴飲暴食、コラーゲン不足・ビタミンC不足…などによる、肌へのダメージがあげられます。

ほうれい線の悩み解消には、これらの原因を取り除くこと…

ハリと弾力のある肌をとりもどし、ほうれい線を目立たなくしましょう!

以上が、ほうれい線の主な原因ですが、貴方はいかがですか?

避けられない加齢による原因でも、その進行度合は人それぞれ違います。

同じ年令のヒトでも、大きくほうれい線が目立つヒトもいれば、ハリと弾力のある肌を維持してほうれい線が目立たないヒトもいます。

適当なエクササイズによる筋力の維持、適切な肌の手入れ、生活習慣の見直しなどによって、貴方のほうれい線を目立たなくし、若々しい印象を与えることができるのです。

ほうれい線ケアの案内嬢3

■ スキンケア…ワンポイント・アドバイス ■

きちんとした生活はお肌のターンオーバーを活発にするため…

紫外線を多量に浴びることになってしまった日の布団に入る前には、美白化粧品を利用して肌のダメージを鎮めてあげることが大切です。放置しておくとシミが増えてしまう原因となるでしょう。

デリケートゾーンを洗う時はデリケートゾーン限定の石鹸を使うようにしましょう。体を洗うボディソープで洗うと、刺激がかなり強烈なので黒ずみが生じるという報告があります。

紫外線対策のため日焼け止めを塗るという生活習慣は、幼稚園や小学生の頃から入念に親が教えておきたい肌の手入れの基本中の基本とも言えるものです。紫外線に長時間晒されると、いずれはその子供がシミで苦労するという結果になるのです。

20歳に満たなくてもしわが刻まれてしまっている人はいないわけではありませんが、初めの段階で状況をのみ込んでお手入れすれば回復させることも叶います。しわの存在に気付いたら、即座に対策を始めなければなりません。

夏場の紫外線を浴びれば、にきびの炎症は酷くなってしまいます。にきびに苦しんでいるから日焼け止めを利用しないというのは、まったくもって逆効果になるのでご注意ください。

「10代の頃はどういった化粧品を使ったとしましても問題なかった方」であっても、年齢を経て肌の乾燥が進展すると敏感肌体質になってしまうことがあるそうです。

ダイエット中であったとしましても、お肌の元になるタンパク質は取り込まないといけないのです。サラダチキンであるとかヨーグルトなどローカロリー食品でタンパク質を摂って、肌荒れ対策に励みましょう。

きちんとした生活はお肌のターンオーバーを活発にするため、肌荒れを改善するのに効果があります。睡眠時間はどんなことより自発的に確保することをおすすめします。

敏感肌で苦慮しているのであれば、己に相応しい化粧品でケアするようにしないとだめなのです。自分自身に合致する化粧品ティックに出会うまで一心に探すしかないのです。

ほうれい線ケアの案内嬢4 毛穴の黒ずみと言いますのは、どれだけ高級なファンデーションを使用しようとも見えなくできるものではないということはあなたもお気付きでしょう。黒ずみは覆い隠すのではなく、効果が認められているケアを行なうことで改善しましょう。

「今の年齢を迎えるまでどの様なタイプの洗顔料を用いてもトラブルが生じたことがない」という人であっても、年を取って敏感肌へと変化するといった事例も少なくないのです。肌にダメージを与えない製品を選ぶことが大切です。

あわただしい時であっても、睡眠時間は多少無理してでも確保するようにしたいものです。睡眠不足と言いますのは体内血液の流れを悪くするとされているので、美白にとっても良い結果をもたらすことがありません。

紫外線の強度は気象庁のインターネットサイトにて見定めることが可能なのです。シミを防御したいなら、まめに現況を覗いてみたらいいと思います。

妊娠期間はホルモンバランスが変化することから、肌荒れが頻繁に起こると聞きます。従来常用していた化粧品が適合しなくなることもあり得るので注意してください。

近年の柔軟剤は匂いが良いものが多く、肌に対する優しさがあんまり考慮されていないようです。美肌がお望みなら、匂いが強すぎる柔軟剤は買わないことです。



このページの先頭へ