20代、30代とほうれい線の原因について考えてみます!

若いからといって慢心は禁物です!

ほうれい線ケアの案内嬢

30代となるあたりからほうれい線が現れますが、これはなぜなのでしょうか?

ほうれい線が10代や20代の女性にはあまり見られない理由を見てみましょう。

それは、ハッキリ言うと肌の状態が良いことにあります。

この頃の年代の女性のみなさんは、コラーゲンが皮膚の基盤となる真皮にたくさん存在していますので、皮膚にハリや艶があることによって、顔面にしわが現れず、また、毛穴もあまり目立ちません。

ところが、25歳から30歳にさしかかると、色々な箇所が弱まりはじめることからほうれい線が現れやすくなると思われます。

皮膚の潤いや油分、表情筋の力などにみられる変化などによって、弾力性やハリといったものが失われていきがちになることによって、この時期を「お肌の曲り角」といわれる時期といってもいいでしょう。

10代や20代の頃だったら、お化粧を落とさず眠りにつく、化粧水や乳液は使用しないなどというような、いわゆる「若さ」によって乗り越えることができたけれども、25歳から30歳頃になると、このようなことはできなくなって年齢層に見合った栄養素が求められることで、これまで使っていた化粧品を見直す方は多いといえます。

年齢がいってなくても慢心は許可されないほうれい線の原因

ほうれい線は年代に関係なく表れるケースも見受けられます。その主だった要因をご説明してみましょう。


ほうれい線は、普段行なっている習慣にも左右されて、著しく目立ちがちになってしまいます。

その習慣と言いますのは、口をヘの字にする癖のことです。

鏡を眺めながらヘの字にしたらお気付きでしょうが、こういった形相は口角を引き下げるということなのでほうれい線が現れがちになってしまうのです。

自分にはそのような習慣は存在しないと感じられるかもしれませんけど、外国の人とは異なって私達日本人は、たとえばエレベーターで乗りあわせても顔の表情を変えないままですごすきらいがあるではないかと考えます。

真顔の感じでも口元がヘの字に容易になり、機嫌が悪くみえたり、不満を持った顔に感じられるケースがあるので良い触れ合いを逸することもありえます。

自分自身では真顔であると思っていたとしても口元はヘの字となっていることが数多く見られ、更には年を積み重ねる過程で筋肉が落ちるので口元は下がりがちになっていくのです。


ほうれい線は、笑い顔を丸っきり見せない方にも、容易に現れる傾向があると考えられています。

表情筋をそれほど使用しないので弱まりがちになり、うつろな顔つきが固定化してしまうことになり、口元がダウンしたケースのほうれい線ができがちになります。

笑い顔を見せるとほうれい線が現れやすくなってしまうのではありませんで、笑い顔を見せないことが要因となり口周辺の筋力が衰えて現れやすくなると言えます。


ほうれい線は、厚化粧の場合でも生まれやすくなってしまいます。

コンシーラーやファンデというものを繰り返して重ねて付け過ぎてしますと、形相を変化させるほどヨレやすいようになってしまいます。

とりわけ、おしゃべりや笑い顔とかで筋肉が動きがちになる口元はお化粧が崩れやすいこともあって、ほうれい線がくっきり見えやすくなってしまうことになります。

お化粧のやり方により毛穴や吹き出物というものを隠せてもほうれい線が出てしまうことになると、歳以上に見なされてしまいかねませんからお肌の質を改善して、なるべく薄化粧にするようにおすすめします。

ほうれい線は、たるみなどによって現れ易くなってしまうので丸顔や頬の肉付きが良い人は気をつける必要があります。

顔に付着した皮下脂肪は、表情筋で支持しきれず下の方に下がってしまいますのでほうれい線が分かりやすくなります。

ほうれい線を無くすことを目指してシェイプアップを行なっても元に戻ってしまうとまた肌がたるむことによって、減量がうまく行かなく失敗するほどほうれい線が濃くなる可能性もあります。

お肌の水分量を増やしましょう

ほうれい線ケアの案内嬢2

肌の状態が悪くなってくるとほうれい線がでてきますが、肌の状態とは何かということが気になる人もいるでしょう。


10代や20代と比べて30代以降の女性の肌を見てみると、明らかに水分量が不足しています。

肌の水分量は、口から摂取した水の量と比例して増えます。

しかし、30代以降になると、体内の水分を肌へまわす力が弱まります。


口から飲んだ水が尿に変わって排出されるまでに、通常約1ヶ月から2ヶ月がかかるといわれています。

常識的に、一日に飲んだほうがよい水の量が3リットルといわれるのは、汗や尿として排出している水と体の中で分解に使われる水の量の総和です。

ですので、肌のはりや艶を維持するためには、もっと水分を取らなければいけないのです。


また、水分だけでなくたんぱく質も重要です。

体の60パーセント程度は水ですが、20パーセントはたんぱく質でできています。

女性は男性よりも脂肪が多いですが、たんぱく質の比率はかわりません。

たんぱく質は、筋肉にも変えられていますが、髪の毛や爪などにも使われています。

もちろん皮膚もたんぱく質です。

イメージとしては、体に含んだ水をたんぱく質で閉じ込めるという具合でしょう。


では、水やたんぱく質が不足するとどうなるのでしょうか。

もちろん、たんぱく質でできた壁がだんだん壊れていくことにより、閉じ込めていたはずの水分がどんどん体外へ排出されてしまい、崩れてしまいます。

このように崩れてしまうと、皮膚が重力に逆らうことができなくなり、垂れてきます。

頬の皮膚が下がってしまうと、自然と口元がへの字になってしまうことにより、ほうれい線ができてしまいます。


ほうれい線をできるだけ作らないようにするには、30代以降になって化粧品等を変えるだけでなく、10代や20代から健康に気を使うように意識することが必要です。

水分を多く取り、たんぱく質をとりましょう。

もちろん、美容のためにはビタミンなども必要です。

体はバランスよくできています。

バランスが崩れることにより体調を崩すことになりますが、美容に関しても同じなのです。

女性が美しくい続けるためには、美容を意識することが必要です。

しかし、美容をしっかりと行うためには、何よりも健康的な体作りが最も大切です。


いつまでも美しくありたいという願いを叶えるためには、10代20代でしっかりと健康的な体づくりをすることがとても大事になってくるのです。

手遅れかなと思っても何とかなる!

ほうれい線ケアの案内嬢3

美容を考えると、意識し始めてからではもう遅いと思わされることがあります。

ほうれい線に関しても、できはじめてきたなと思ったころには、すでに目に見えるようになっているわけです。


年齢を重ねるたびに、若いっていいなと思うことはよくあります。

しかし、これからの人生の中で最も若いタイミングは今であることを忘れてはいけません。


10代や20代は、活動的に動いていたにもかかわらず、年齢を重ねるごとに動かなくなっていく女性は多くいます。

もともと運動が苦手という人も多いかもしれませんが、通学のときは自転車だったのに社会人になってからは車通勤になっている人。

部活動で運動をしていたにもかかわらず、社会人になったら忙しくて運動どころではなくなったなど。

仕方ないとすら言える状況は多々あるでしょう。

そのため、肌も老化してしまいほうれい線が出てきてしまいます。


いつまでも若々しくいられるためには、もちろん運動が必要です。

できるだけ筋肉を使うように心がけましょう。


30代以降で肌の老化が著しくなってしまうのは、実は20代の運動量が影響しているということもいわれます。

10代は活発に動いていたので、20代は維持できました。

しかし、20代をあまり動かなかった人は30代を維持できません。

その後、だんだん悪循環になっていきます。


年をとるごとに、若いころより動けなくなるのは仕方がないかもしれません。

しかし、30代で動けないのは、部活動をしていたころより毎日動いていないからなのです。

証拠に、プロのスポーツ選手に30代の人は多くいます。

まだまだ活躍できるのです。

しかし、年のせいにしてしまい動かなくなると体は動かない体になっていきます。


いつまでも若々しくいるためには、10代のころと同じように10年後の自分をイメージして生活することでしょう。

若いころには未来ばかり見ていたのではないでしょうか。

辛いことがあったり、後悔することがあったとしても、次を考え生きてきたはずです。

年をとることを理由に、未来を考えることを諦めていては、老化するばかりです。


しっかりと健康的な生活をすることと同時に、考え方もリフレッシュしましょう。

大人だからと言い訳をするのではなく、これからもっと美しくなるぞと考えましょう。

今の自分は過去の自分の集大成です。

過去の自分が選択してきたことが今の自分の姿です。

では、10年後の自分は何の集大成でしょうか。

そうです、今の自分です。

まだまだこれから美しくなりましょう。

このページの先頭へ